理念と目標

本院では、上記の役割を果たし、皆様の医療のニーズに応えるために、次のように理念・目標を定め、その実現に向けて日夜努力をしています。 


理念

  • 良質で高度な医療を安全に提供する
  • 人間性豊かな優れた医療人を育成する
  • 先進的な医療の開発と推進に努める
  • 地域医療の中核的役割を果たす
  • 医療を通じて国際貢献に務める

私共、秋田大学医学部附属病院の全職員は、本病院の理念に基づき、自らの使命を果たします。

目標


  1. 教育病院として臨床実習・研修の充実を図り、医師のみならず全ての分野に優れた医療人を、地域の医療機関との連携を図りながら育成する。

  2. 患者本位の立場に立ち、患者さんとの信頼関係のもとに医療サービスの向上を図り、患者さんに選ばれる病院を目指す。

  3. 地域の保健・医療・福祉の状況を総合的に把握し、その向上のために地域医療機関と連携し、一般的医療のみならず難病の医療や高度先端医療の提供に努める。

  4. 地域的に問題とされる疾患や難治性疾患の病因解明や新しい診断・治療方法の開発、既存の診断・治療方法の科学性、有効性の検証等について研究し、国際的レベルの、独創的研究成果をあげる。

  5. 医学・医療の進展に対応して、新しい知識や技術の有用性を適切に判断できるように生涯にわたって学習を継続し、また、広く学際領域の諸科学にも関心をもつよう努力する。

  6. 国際情勢にも関心をもち、高度な医学・医療の知識や技術の導入のみならず、開発途上国に対する国際医療協力などをも含めて国際的に活躍できるよう努力する。

  7. 有限な資源を有効に活用することの重要性を認識し、全職員の病院運営への意識を高め、かつ、職員の創意工夫を取り入れて効率的な管理運営ができるように努力する。

  8. 診療情報を積極的に患者さんに提供し、医療提供者と患者さんとが診療情報を共有することによって、両者の良好な関係を築き、より質の高い開かれた医療を目指す。

  9. 自己点検・評価さらには第三者機関による評価を踏まえて、常に教育、研究、診療の向上や病院の管理運営の改善に努める。

  10. 常に自分自身を向上させ、患者さんの信頼を得、明るい、やりがいのある職場の構築に努める。

このページの先頭へ