平成28年度 秋田大学医学部附属 病院指標

年齢階級別退院患者数ファイルをダウンロード
年齢区分 0~ 10~ 20~ 30~ 40~ 50~ 60~ 70~ 80~ 90~
患者数 781 313 343 837 871 1275 2528 2234 1108 132
一般病棟の退院患者さんを入院時の満年齢で、10歳刻みの年齢階級別に集計しています。
60歳代が24.3%と最も多く、次いで70歳代が21.4%で、60歳代と70歳代で約半分を占めています。
診断群分類別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)ファイルをダウンロード
消化器内科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
060020xx04x0xx 胃の悪性腫瘍 内視鏡的胃、十二指腸ポリープ・粘膜切除術 手術・処置等2 なし 77 1039 902 0.00% 73.10
060010xx02x00x 食道の悪性腫瘍(頸部を含む。) 内視鏡的食道粘膜切除術等 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし 65 11.85 9.91 0.00% 68.49
060340xx03x00x 胆管(肝内外)結石、胆管炎 限局性腹腔膿瘍手術等 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし 40 10.80 11.06 5.56% 76.50
060050xx97x0xx 肝・肝内胆管の悪性腫瘍(続発性を含む。) その他の手術あり 手術・処置等2 なし 32 14.31 11.74 7.55% 72.91
060050xx0300xx 肝・肝内胆管の悪性腫瘍(続発性を含む。) 肝悪性腫瘍ラジオ波焼灼療法(一連として)等 手術・処置等1 なし 手術・処置等2 なし 19 9.89 8.70 0.00% 68.32
 食道、胃、十二指腸の腫瘍性疾患などを対象に診断・治療を行っております。特に最新の高解像診断装置(狭帯域光観察、ハイビジョン拡大観察)により粘膜表面の微細構造や微細血管の観察から早期癌の内視鏡的治療前診断を行った上で、内視鏡的粘膜切除術(EMR)や、内視鏡的粘膜下層切開剥離術(ESD)を用いた治療を積極的に行っております。診断困難な胆管癌や膵癌、肝内胆管癌などに対し超音波内視鏡検査、管腔内超音波検査、超音波内視鏡下穿刺吸引術を駆使し、早期診断に努めています。また診断後には内視鏡やエコーを用いたステント留置を行い侵襲の少ない胆道ドレナージを行っています。胆管結石による胆管炎に対しても、低侵襲な胆道ドレナージを心がけており、さらに敗血症などの重篤な症例に対しては夜間、休日でも迅速に対応できるような体制を整えています。肝癌の治療では、肝細胞癌や転移性肝癌に対して経皮的ラジオ波焼灼療法(RFA)を積極的に行っており、東北地方の中でも有数の症例数をみとめています。
循環器内科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
050050xx02000x 狭心症、慢性虚血性心疾患 経皮的冠動脈形成術等 手術・処置等1 なし、1,2あり 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし 87 5.80 4.71 0.00% 69.41
050050xx99100x 狭心症、慢性虚血性心疾患 手術なし 手術・処置等1 1あり 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし 58 4.14 3.06 0.00% 70.74
050210xx97000x 徐脈性不整脈 手術あり 手術・処置等1 なし、1,3あり 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし 54 11.44 11.38 23.81% 72.94
050070xx01x0xx 頻脈性不整脈 経皮的カテーテル心筋焼灼術 手術・処置等2 なし 45 9.42 5.51 0.00% 55.67
050050xx99200x 狭心症、慢性虚血性心疾患 手術なし 手術・処置等1 2あり 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし 38 3.34 3.22 0.00% 67.03
 循環器疾患は、狭心症、心筋梗塞、不整脈、弁膜症、心不全をはじめとする心臓疾患の他、高血圧、動脈硬化など幅広く診療を行っております。特に虚血性心疾患に対する冠動脈形成術や、不整脈に対する治療デバイス植え込み、カテーテルアブレーションなどについて積極的に行われており上位の診断群となっております。
呼吸器内科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
040040xx9910xx 肺の悪性腫瘍 手術なし 手術・処置等1 あり 手術・処置等2 なし 21 9.81 3.68 0.00% 69.81
040110xxxxx0xx 間質性肺炎 手術・処置等2 なし 20 23.95 19.92 0.00% 67.00
040040xx99000x 肺の悪性腫瘍 手術なし 手術・処置等1 なし 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし 10 12.20 14.83 11.11% 79.20
- - - - - - -
- - - - - - -
主に肺癌、気管支喘息、慢性閉塞性肺疾患といった疾患の診断、検査、治療を行っています。
また、間質性肺炎、胸膜疾患など専門性の高い疾患や比較的稀な疾患の診断、検査、治療も行っています。
肺癌は診断のみならず、薬物治療、放射線治療さらに緩和療法を集学的に組み合わせた治療を担当しております。診断手技として、気管支鏡検査による診断に関しては、超音波気管支鏡を用いた検査の精度を上げる工夫や、遺伝子診断による個別化治療への取り組みも積極的に行っています。
腎臓内科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
110280xx991x0x 慢性腎炎症候群・慢性間質性腎炎・慢性腎不全 手術なし 手術・処置等1 あり 定義副傷病 なし 19 9.79 7.58 0.00% 47.11
110260xx99x0xx ネフローゼ症候群 手術なし 手術・処置等2 なし 4 30.00 22.67 0.00% 52.00
110280xx991x1x 慢性腎炎症候群・慢性間質性腎炎・慢性腎不全 手術なし 手術・処置等1 あり 定義副傷病 あり 3 25.00 25.18 0.00% 68.33
- - - - - - -
- - - - - - -
 腎臓内科では、2017年3月現在に腎生検件数が8734件にのぼっております。これまで蓄積された臨床経験をもとに、末期腎不全(ESRD; end stage renal disease)に至らないための腎炎、ネフローゼ症候群治療を行っています。
リウマチ科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
070560xx99x0xx 全身性臓器障害を伴う自己免疫性疾患 手術なし 手術・処置等2 なし 18 19.78 17.77 6.38% 46.39
070470xx99x0xx 関節リウマチ 手術なし 手術・処置等2 なし - 31.00 14.52 0.00% 60.75
04026xxx9900xx 肺高血圧性疾患 手術なし 手術・処置等1 なし 手術・処置等2 なし - 10.50 15.85 0.00% 47.50
- - - - - - -
- - - - - - -
 リウマチ内科においては、関節リウマチ、全身性エリテマトーデス、強皮症、皮膚筋炎・多発性筋炎、混合性結合組織病、血管炎症候群、シェーグレン症候群など多彩な症状を呈する難病の早期診断、治療に努めております。

消化器外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
060035xx01000x 結腸(虫垂を含む。)の悪性腫瘍 結腸切除術 全切除、亜全切除又は悪性腫瘍手術等 手術・処置等1 なし 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし 18 13.94 15.92 0.00% 65.67
060020xx02x0xx 胃の悪性腫瘍 胃切除術 悪性腫瘍手術等 手術・処置等2 なし 16 14.13 17.65 0.00% 69.00
060020xx01x0xx 胃の悪性腫瘍 胃全摘術 悪性腫瘍手術等 手術・処置等2 なし 14 18.14 20.58 0.00% 65.07
060050xx02x0xx 肝・肝内胆管の悪性腫瘍(続発性を含む。) 肝切除術 部分切除等 手術・処置等2 なし 13 16.00 15.85 0.00% 57.62
060050xx97x0xx 肝・肝内胆管の悪性腫瘍(続発性を含む。) その他の手術あり 手術・処置等2 なし 10 9.10 11.74 0.00% 71.40
当科では、肝胆膵領域の良悪性腫瘍および胃・大腸の良悪性腫瘍に加え、腹部外傷の外科学的治療を行っています。
肝胆膵領域では、各専門領域のエキスパートがそろっている大学病院という特性を生かし、他院では手術が困難な進行症例やhigh risk症例に対する手術をおもに行っており、秋田県全域から患者さんが紹介されています。紹介されてくる患者さんの中には、下大静脈や門脈、肝動脈、上腸間膜動静脈など重要な血管に浸潤していることも多く、根治性を高めるため、これらの血管の合併切除および再建という高難度手術を行っています。
 胃癌・大腸癌に対する手術は、多くを腹腔鏡手術で行っています。腹腔鏡手術は、傷が小さく、手術後の患者さんにかかる負担が少ないため早期に退院できます。高度な技術を要しますが、手術中の出血量は開腹手術の1/10程度ですみ、治療成績も開腹手術と比べて遜色ありません。また、進行胃癌に対しては術前化学療法を積極的に取り入れ、手術後の癌の再発を防ぐように工夫しています。
食道外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
060010xx01x1xx 食道の悪性腫瘍(頸部を含む。) 食道悪性腫瘍手術(消化管再建手術を併施するもの) 頸部、胸部、腹部の操作によるもの等 手術・処置等2 1あり 17 41.59 38.19 3.57% 67.47
060010xx99x31x 食道の悪性腫瘍(頸部を含む。) 手術なし 手術・処置等2 3あり 定義副傷病 あり 17 49.18 43.74 0.00% 66.71
060010xx99x40x 食道の悪性腫瘍(頸部を含む。) 手術なし 手術・処置等2 4あり 定義副傷病 なし 11 7.73 9.82 0.00% 64.91
060010xx99x0xx 食道の悪性腫瘍(頸部を含む。) 手術なし 手術・処置等2 なし 10 17.20 11.87 0.00% 67.00
- - - - - - -
 当科では食道癌の治療を行なっています。食道癌の治療は手術、化学療法、放射線療法を組み合わせた集学的治療です。ステージ2,3の切除可能進行食道癌に対しては術前化学放射線療法+手術を行なっています。5日間の抗癌剤点滴を3週間の間隔で2回行い、それと並行して放射線療法を20回行います。以前は傷が大きく、筋肉、骨を切る開胸手術が中心でしたが、最近は傷が小さく、筋肉も骨も切らずに細いカメラと器械を使って行う鏡視下手術が中心になっています。胸の中で行う操作は開胸手術と同じなので難易度は高くなり時間もかかりますが、術後の回復は早いです。
呼吸器外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
040040xx97x0xx 肺の悪性腫瘍 手術あり 手術・処置等2 なし 73 19.26 12.73 1.05% 68.47
040040xx99040x 肺の悪性腫瘍 手術なし 手術・処置等1 なし 手術・処置等2 4あり 定義副傷病 なし 13 11.23 12.35 0.00% 63.62
040200xx01x00x 気胸 肺切除術等 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし 10 14.40 10.09 0.00% 41.20
- - - - - - -
- - - - - - -
 呼吸器外科では肺癌を中心とする肺の腫瘍、縦隔の腫に対する外科治療を行っており、関連した疾患群が上位になっています。肺の悪性腫瘍が最も多く、確定診断目的で、短期間入院による気管支鏡検査が必要にあることもあります。外科治療のみならず、周術期の化学療法を行っています。また、再発時の化学療法や放射線治療も行っています。悪性疾患以外にも、肺癌に次いで症例数が多い、気胸も治療の対象となります。
乳腺内分泌外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
090010xx03x0xx 乳房の悪性腫瘍 乳腺悪性腫瘍手術 乳房部分切除術(腋窩部郭清を伴わないもの) 手術・処置等2 なし 19 8.11 6.59 0.00% 54.84
100020xx01x0xx 甲状腺の悪性腫瘍 甲状腺悪性腫瘍手術 切除等 手術・処置等2 なし 16 8.56 9.27 0.00% 52.19
090010xx02x0xx 乳房の悪性腫瘍 乳腺悪性腫瘍手術 単純乳房切除術(乳腺全摘術)等 手術・処置等2 なし 12 10.33 10.30 0.00% 59.00
- - - - - - -
- - - - - - -
 当科で治療対象としているのは主に乳腺と甲状腺の疾患です。悪性腫瘍である乳がん、甲状腺がんは、女性に多く、特に乳がんは増加傾向が続いています。当科の治療において最も多いのは、乳がんに対する乳房部分切除術(温存術)です。また、わきの下のリンパ節を不要に切除することを避けるため、センチネルリンパ節生検を行なっています。これにより腋窩郭清を省略できる場合が多く、この組み合わせが最も多い結果です。続いて甲状腺癌に対する手術が多くなっています。平均在院日数は9日弱と短い傾向にあります。続いて乳房切除術が3番目に多く行われています。いずれもセンチネルリンパ節生検により、手術後の負担を軽減しています。
心臓血管外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
050080xx01010x 弁膜症(連合弁膜症を含む。) ロス手術(自己肺動脈弁組織による大動脈基部置換術)等 手術・処置等1 なし 手術・処置等2 1あり 定義副傷病 なし 32 27.00 24.70 13.04% 69.25
050163xx03x10x 非破裂性大動脈瘤、腸骨動脈瘤 ステントグラフト内挿術 手術・処置等2 1あり 定義副傷病 なし 19 20.26 16.98 29.17% 75.26
050161xx01x1xx 解離性大動脈瘤 ステントグラフト内挿術 手術・処置等2 1あり 15 32.93 23.73 26.67% 64.13
050161xx9900xx 解離性大動脈瘤 手術なし 手術・処置等1 なし 手術・処置等2 なし 13 15.92 18.27 0.00% 69.08
050161xx9901xx 解離性大動脈瘤 手術なし 手術・処置等1 なし 手術・処置等2 1あり 13 16.46 23.16 5.26% 72.77
 全国傾向と同様に弁膜症の患者さんは年々増加傾向にあります。
 大動脈瘤は、患者平均年齢が75歳と高齢者が多いことから、ステントグラフト内挿術による治療を取り入れることによって低侵襲化を図っています。
 また、スタンフォードB型大動脈解離に対しても病態に応じてステントグラフト内挿術を取り入れており、急性期ならびに遠隔期の成績向上を目指しています。
脳神経外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
010010xx99030x 脳腫瘍 手術なし 手術・処置等1 なし 手術・処置等2 3あり 定義副傷病 なし 51 9.80 9.60 8.74% 69.25
010010xx01x00x 脳腫瘍 頭蓋内腫瘍摘出術等 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし 29 27.72 22.47 12.82% 57.41
010020x001x0xx くも膜下出血、破裂脳動脈瘤(JCS10未満) 脳動脈瘤流入血管クリッピング(開頭して行うもの)等 手術・処置等2 なし 14 25.71 32.72 64.29% 60.21
010010xx99000x 脳腫瘍 手術なし 手術・処置等1 なし 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし 12 5.25 11.54 9.09% 67.92
010070xx01x20x 脳血管障害 脳血管内手術等 手術・処置等2 2あり 定義副傷病 なし 11 21.18 20.52 0.00% 60.73
 第一位のDPCコード010010xx99030xは放射線治療を行ったものであり、当科では転移性脳腫瘍をはじめとして脳腫瘍や脳動静脈奇形などに積極的にLinacによる定位放射線治療を行っている。また、当科では秋田県全域から脳腫瘍が紹介されており第二位の010010xx01x00は脳腫瘍の手術、第四位の010010xx99000xについては自宅での生活の困難となった腫瘍患者やてんかん例、感染症例などが含まれる。第三位の010020x001x0xxはクモ膜下出血の脳動脈瘤のクリッピング術を示しており、当科では関連施設では治療困難な例を受け入れ、バイパス術や血管内手術を併用しながら治療を行っている。第五位の010070xx01x20xは脳血管障害に対して脳血管内手術を行ったもので、脳梗塞や脳動静脈瘻に関して血管内治療での処置を行っている。
小児科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
100250xx99100x 下垂体機能低下症 手術なし 手術・処置等1 あり 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし 33 2.88 3.81 0.00% 8.12
010230xx99x00x てんかん 手術なし 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし 13 2.54 7.12 0.00% 5.92
140010x299x1xx 妊娠期間短縮、低出産体重に関連する障害(出生時体重1500g以上2500g未満) 手術なし 手術・処置等2 1あり 13 23.62 23.53 14.29% 0.00
010010xx99000x 脳腫瘍 手術なし 手術・処置等1 なし 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし 10 1.70 11.54 0.00% 6.10
- - - - - - -
 県内小児医療の中枢としての役割を果たすべく、地域医療機関との連携、診療科内のグループ連携を円滑にし、高度な医療を提供しています。さらに外科疾患も含め、診療科を越えて検査や全身管理に関して協力して取り組んでいます。
 新生児、 総合(神経・内分泌・代謝・腎)、 循環器、 血液・腫瘍の4グループで診療を行っています。新生児に対してはNICU・GCUでの独立した診療体制を整えており胎児期からチームで関わっています。また、長期入院が必要となる疾患も多いため心の健康も重視しています。健全な心の発達を促す目的で、 臨床心理士と保育士からなる「発達支援グループたんぽぽ」が活動しています。小中学の院内学級もあり、お子さんと保護者への精神的負担を最小限にしつつ治療に専念できる環境を目指しています。
婦人科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
12002xxx01x0xx 子宮頸・体部の悪性腫瘍 子宮悪性腫瘍手術等 手術・処置等2 なし 33 17.30 13.29 0.00% 51.09
12002xxx99x40x 子宮頸・体部の悪性腫瘍 手術なし 手術・処置等2 4あり 定義副傷病 なし 28 4.32 5.12 0.00% 55.29
120060xx02xxxx 子宮の良性腫瘍 腹腔鏡下腟式子宮全摘術等 27 6.63 6.29 0.00% 38.41
120060xx01xxxx 子宮の良性腫瘍 子宮全摘術等 24 9.96 10.05 0.00% 42.79
120100xx01xx0x 子宮内膜症 子宮全摘術等 定義副傷病 なし 24 6.79 7.92 0.00% 36.83
 子宮頚部・体部悪性腫瘍手術については遠方を含め関連病院からの紹介患者が多く、合併症があればその精査・管理し、子宮悪性腫瘍手術を施行しています。良性腫瘍については、腹腔鏡下手術を積極的に施行しており、患者様のQOLの向上に努めています。
産科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
140010x199x00x 妊娠期間短縮、低出産体重に関連する障害(出生時体重2500g以上) 手術なし 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし 62 4.68 6.18 1.56% 0.00
120180xx01xxxx 胎児及び胎児付属物の異常 子宮全摘術等 52 11.27 9.88 0.00% 34.10
120260xx99xxxx 分娩の異常 手術なし 36 6.03 4.78 2.86% 34.39
120180xx99xxxx 胎児及び胎児付属物の異常 手術なし 35 7.29 6.86 5.41% 31.31
120170xx99x0xx 早産、切迫早産 手術なし 手術・処置等2 なし 32 16.78 20.79 12.50% 31.34
 当院は周産母子センターであり、切迫早産、早産、合併症妊娠、胎児異常などの周産期管理を中心に診療をしております。NICUの病床が不足することがあり、母児の重症度を総合的に判断し、早産については近医の周産母子センターに母体搬送せざるを得ないことがあり、転院率が数パーセントとなっております。
整形外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
07040xxx01xxxx 股関節骨頭壊死、股関節症(変形性を含む。) 人工関節再置換術等 40 29.70 24.42 8.33% 65.00
070341xx020xxx 脊柱管狭窄(脊椎症を含む。) 頸部 脊椎固定術、椎弓切除術、椎弓形成術(多椎間又は多椎弓の場合を含む。) 後方又は後側方固定等 手術・処置等1 なし 22 31.27 22.69 15.15% 66.14
070230xx02xxxx 膝関節症(変形性を含む。) 骨穿孔術等 19 26.58 30.54 18.52% 64.74
160620xx01xxxx 肘、膝の外傷(スポーツ障害等を含む。) 腱縫合術等 19 14.74 11.91 0.00% 29.37
160800xx01xxxx 股関節大腿近位骨折 人工骨頭挿入術 肩、股等 19 24.05 27.63 25.00% 79.63
 中高齢者で増えつつある腰部脊柱管狭窄症や頚椎症、脊柱変形などの脊椎変性疾患に対する脊椎固定術や椎弓形成術などが多くなっています。また同様に中高齢者の変形性関節症に対する人工股関節置換術が最も多いですが、関節を温存して変形や痛みを改善する下肢の骨切り術が最近増加しています。その他、スポーツ障害に対する関節鏡治療や、大腿骨近位部骨折などの外傷に対する手術、骨軟部腫瘍に対する集学的治療も行っています。
皮膚科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
080006xx01x0xx 皮膚の悪性腫瘍(黒色腫以外) 皮膚悪性腫瘍切除術等 手術・処置等2 なし 109 4.65 8.78 0.90% 78.44
080007xx010xxx 皮膚の良性新生物 皮膚、皮下腫瘍摘出術(露出部)等 手術・処置等1 なし 53 4.36 4.28 0.00% 40.40
080006xx97x0xx 皮膚の悪性腫瘍(黒色腫以外) その他の手術あり 手術・処置等2 なし 17 5.88 10.60 0.00% 73.35
080005xx01x0xx 黒色腫 皮膚悪性腫瘍切除術等 手術・処置等2 なし 13 8.00 14.87 0.00% 58.08
02001xxx97x0xx 角膜・眼及び付属器の悪性腫瘍 手術あり 手術・処置等2 なし 12 8.17 8.49 0.00% 75.75
 皮膚科は基底細胞癌、有棘細胞癌、悪性黒色腫などの皮膚悪性腫瘍や、脂肪腫などの皮膚良性腫瘍の手術を行う患者さんが多いです。局所麻酔で手術を行うことが多く、早期に退院できるように手術方法を考えて行っているので平均在院日数が全国平均より短くなっています。
泌尿器科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
110080xx01x0xx 前立腺の悪性腫瘍 前立腺悪性腫瘍手術等 手術・処置等2 なし 63 12.97 13.39 0.00% 65.81
110070xx02020x 膀胱腫瘍 膀胱悪性腫瘍手術 経尿道的手術 手術・処置等1 なし 手術・処置等2 2あり 定義副傷病 なし 41 5.93 7.85 0.00% 72.68
11001xxx01x0xx 腎腫瘍 腎(尿管)悪性腫瘍手術等 手術・処置等2 なし 30 14.00 12.52 0.00% 61.43
110080xx97x00x 前立腺の悪性腫瘍 その他の手術あり 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし 25 3.04 6.24 0.00% 71.88
110070xx0200xx 膀胱腫瘍 膀胱悪性腫瘍手術 経尿道的手術 手術・処置等1 なし 手術・処置等2 なし 19 6.26 7.44 0.00% 72.95
 泌尿器の悪性、良性疾患、腎移植、透析など幅広い分野の治療を行っています。
 前立腺癌においては、ロボット(ダヴィンチ)の導入に伴い、ロボット支援腹腔鏡下前立腺全摘術の症例が増えている他、放射線治療の増加に伴い、強度変調放射線治療に対する前立腺内への金属マーカーを留置する症例も増えています。腎癌に対しても低侵襲手術であるロボット支援下の腎部分切除術や腹腔鏡下腎摘術を積極的に施行しています。
眼科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
020160xx97xxx0 網膜剥離 手術あり 片眼 146 12.22 10.53 0.00% 60.11
020220xx97xxx0 緑内障 手術あり 片眼 85 12.75 9.15 0.00% 63.36
020200xx9710xx 黄斑、後極変性 手術あり 手術・処置等1 あり 手術・処置等2 なし 80 8.23 7.72 1.19% 66.53
020180xx97x0x0 糖尿病性増殖性網膜症 手術あり 手術・処置等2 なし 片眼 40 9.50 8.27 0.00% 59.38
020200xx9700xx 黄斑、後極変性 手術あり 手術・処置等1 なし 手術・処置等2 なし 21 7.33 7.70 0.00% 69.90
 網膜剥離は緊急性を要する疾患であり、他の県内の医療機関で受け入れ・手術が十分できないために、当科に集中している。糖尿病網膜症、黄斑疾患も同様である。
 緑内障も現在、日本人の失明原因の1位であり、手術に高度な専門性を要する。県内に手術を十分に行える施設がないため、当科に手術患者が集中した結果である。いずれも入院が長めなのは、県内全域から患者が入院するため、送り迎えがご家族の事情や交通事情を反映するためと考えられる。
耳鼻咽喉科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
030150xx97xxxx 耳・鼻・口腔・咽頭・大唾液腺の腫瘍 手術あり 36 9.53 7.75 0.00% 62.86
03001xxx01000x 頭頸部悪性腫瘍 頸部悪性腫瘍手術等 手術・処置等1 なし 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし 29 16.14 14.06 0.00% 69.52
030440xx01xxxx 慢性化膿性中耳炎・中耳真珠腫 鼓室形成手術 26 16.04 9.36 0.00% 44.69
030350xxxxxxxx 慢性副鼻腔炎 24 7.54 7.47 0.00% 60.63
03001xxx0111xx 頭頸部悪性腫瘍 頸部悪性腫瘍手術等 手術・処置等1 あり 手術・処置等2 1あり 20 44.65 43.31 0.00% 65.90
 最も多い耳・鼻・口腔・咽頭・第唾液腺の腫瘍の大部分を占めるのは耳下腺良性腫瘍で、それに顎下腺や喉頭腫瘍が加わっている。当科の特徴として県内の癌患者を一手に引き受けていることがあり、頸部悪性腫瘍患者の数が多くなっている。また手術を必要とする中耳炎に対しても同様であり、多くの症例が集まっている。慢性副鼻腔炎は患者数が多いため手術適応患者も多い。
放射線科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
100020xx99x2xx 甲状腺の悪性腫瘍 手術なし 手術・処置等2 2あり 39 3.21 6.56 2.50% 60.18
050200xx97xxxx 循環器疾患(その他) 手術あり - - 11.05 - -
060010xx99x31x 食道の悪性腫瘍(頸部を含む。) 手術なし 手術・処置等2 3あり 定義副傷病 あり - - 43.74 - -
- - - - - - -
- - - - - - -
 甲状線のRI内用療法は県内では唯一当院のみで試行が可能です。3~4日間特別な病室に入院して治療を行います。 循環器疾患については末梢血管を中心に、特殊なカテーテルを使用した血管内治療(IVR)に取り組んでいます。血管の走行には多くのバリエーションがあり専門の知識と高度な技術が求められますが、当院では安全に試行することが可能です。食道がんについては非手術症例を中心に最新の放射線治療装置を駆使して最適な放射線治療を行っています。また関連する診療科と連携しながら、抗がん剤を併用した化学放射線療法を行い、治療成績の向上を目指しています。
糖尿内分泌内科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
100070xx99x100 2型糖尿病(糖尿病性ケトアシドーシスを除く。)(末梢循環不全なし。) 手術なし 手術・処置等2 1あり 定義副傷病 なし 85歳未満 29 18.62 14.61 0.00% 57.34
100071xx99x100 2型糖尿病(糖尿病性ケトアシドーシスを除く。)(末梢循環不全あり。) 手術なし 手術・処置等2 1あり 定義副傷病 なし 85歳未満 17 18.41 14.91 0.00% 57.82
100070xx99x000 2型糖尿病(糖尿病性ケトアシドーシスを除く。)(末梢循環不全なし。) 手術なし 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし 85歳未満 16 13.81 11.48 0.00% 50.44
100180xx99000x 副腎皮質機能亢進症、非機能性副腎皮質腫瘍 手術なし 手術・処置等1 なし 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし 11 7.18 6.12 0.00% 62.18
- - - - - - -
 当科では、糖尿病、内分泌疾患を中心に診療を行っています。糖尿病では、2週間の教育入院プログラムがあり、医師、看護師、栄養士、薬剤師がチームとして教育にあたっています。また、血糖値が悪化された方の血糖値のコントロール入院や糖尿病腎症をはじめとした糖尿病合併症のコントロール入院なども行っております。内分泌疾患で入院される患者さんは、主に原発性アルドステロン症による副腎静脈サンプリングの目的のために入院される方が中心となっています。原発性アルドステロン症とは、アルドステロンという血圧をあげるホルモンが副腎から出すぎてしまい、高血圧を引き起こす病気ですが、副腎静脈サンプリングにより、右と左の副腎、どちらからアルドステロンが出すぎているのかを確認することができます。この副腎静脈サンプリングは当院放射線科と連携して行っております。また、副腎皮質ホルモンが出すぎて様々な症状をきたすクッシング症候群の検査、内科的治療なども行っています。
初発の5大癌のUICC病期分類別並びに再発患者数ファイルをダウンロード
初発 再発 病期分類
基準(※)
版数
Stage I Stage II Stage III Stage IV 不明
胃癌 61 10 10 31 34 13 1 7
大腸癌 12 - 17 30 16 20 1 7
乳癌 27 15 17 - 14 - 1 7
肺癌 98 31 56 65 - 49 1 7
肝癌 - 11 15 - - 21 1 7
※ 1:UICC TNM分類,2:癌取扱い規約
5大癌(胃癌、大腸癌、乳癌、肺癌、肝癌)の患者さんの初発(UICC病期分類別)と再発の人数を集計しています。
成人市中肺炎の重症度別患者数等ファイルをダウンロード
患者数 平均
在院日数
平均年齢
軽症 - - -
中等症 45 16.84 70.84
重症 15 34.87 77.40
超重症 11 36.45 81.18
不明 - - -
市中肺炎とは、病院外で日常生活をしていた人に発症した肺炎のことです。
市中肺炎は中等症以上の症例を入院で対処している。
重症度が高くなるにしたがって、患者数は少ないものの、在院日数はながくなり、高齢者が多い傾向もある。
脳梗塞のICD10別患者数等ファイルをダウンロード
ICD10 傷病名 発症日から 患者数 平均在院日数 平均年齢 転院率
G45$ 一過性脳虚血発作及び関連症候群 3日以内 - - - -
その他 - - - -
G46$ 脳血管疾患における脳の血管(性)症候群 3日以内 - - - -
その他 - - - -
I63$ 脳梗塞 3日以内 49 17.80 77.88 0.17%
その他 - - - -
I65$ 脳実質外動脈の閉塞及び狭窄,脳梗塞に至らなかったもの 3日以内 - - - -
その他 22 16.55 67.27 0.01%
I66$ 脳動脈の閉塞及び狭窄,脳梗塞に至らなかったもの 3日以内 - - - -
その他 - - - -
I675 もやもや病<ウイリス動脈輪閉塞症> 3日以内 - - - -
その他 13 14.23 30.69 0.00%
I679 脳血管疾患,詳細不明 3日以内 - - - -
その他 - - - -
 脳梗塞の傷病名に該当する患者さんの平均在院日数、平均年齢、転院率です。
 脳神経外科ではI63$脳梗塞患者を積極的に治療しており、CT撮影後に発症4.5時間以内ではTPA点滴、さらに主幹動脈の再開通がみられない場合は血管内治療へと進む。また、tPAの適応外の場合においても内科的な治療や手術的な治療を選択して行っている。I65$脳動脈の閉塞及び狭窄,脳梗塞に至らなかったものには頸部頚動脈狭窄症のうち無症候のものや眼症状のみのものが含まれるが、症状が出現する前の慢性期に頚動脈の内膜剥離術を行っている。もやもや病については基本的に発症3日以内に治療のため入院することは少なく、慢性期に脳血流や血管の評価を行った後に脳血管のバイパス術などを行っている。
診療科別主要手術別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)ファイルをダウンロード
消化器内科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K7211 内視鏡的大腸ポリープ・粘膜切除術(長径2cm未満) 103 2.19 1.56 0.00% 67.21
K688 内視鏡的胆道ステント留置術 89 5.72 11.04 6.74% 73.10
K6532 内視鏡的胃、十二指腸ポリープ・粘膜切除術(早期悪性腫瘍粘膜下層) 85 2.34 7.31 0.00% 72.80
K526-22 内視鏡的食道粘膜切除術(早期悪性腫瘍粘膜下層剥離術) 75 2.07 8.69 0.00% 68.88
K6152 血管塞栓術(頭部、胸腔、腹腔内血管等)(選択的動脈化学塞栓術) 62 2.52 11.47 6.45% 72.05
 食道、胃、十二指腸、結腸、直腸などの消化管腫瘍性疾患に対して、内視鏡的診断・治療を行っています。大腸ポリープに対する内視鏡的粘膜切除術(EMR)は主にパスによって運用されており、近医からの紹介も多く豊富な症例数があります。また早期の食道癌、胃癌に対して積極的に内視鏡的粘膜下層切開剥離術(ESD)を行っており、他院での治療困難例も頻回に紹介されております。閉塞性黄疸を来した胆管癌や膵癌、肝内胆管癌などに対し内視鏡的胆道ステント留置術(ERBD)を行い、低侵襲な胆道ドレナージを心がけています。またその病態に応じて緊急性が高いと判断した場合は、夜間、休日等でも迅速に処置できるような体制にしております。肝癌の治療では経皮的ラジオ波焼灼療法(RFA)と肝動脈化学塞栓療法(TACE)を組み合わせることにより、良好な治療成績を上げております。
循環器内科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K5493 経皮的冠動脈ステント留置術(その他) 90 2.12 6.38 4.44% 68.39
K5463 経皮的冠動脈形成術(その他) 46 2.80 6.02 4.35% 69.41
K5491 経皮的冠動脈ステント留置術(急性心筋梗塞) 29 0.00 17.03 17.24% 68.55
K5951 経皮的カテーテル心筋焼灼術(心房中隔穿刺、心外膜アプローチ) 27 5.15 3.96 0.00% 55.70
K5972 ペースメーカー移植術(経静脈電極) 27 7.85 10.48 3.70% 77.04
 急性心筋梗塞や、狭心症に対する冠動脈形成術においてバルーンやステント留置による血行再建を積極的に行っている。また、頻脈性不整脈に対しては、カテーテルによる心筋焼灼術を施行している。徐脈性不整脈に対しては、内科にてペースメーカー植込みを施行している。
血液内科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K9212ロ 造血幹細胞採取(末梢血幹細胞採取)(自家移植) 17 34.41 12.29 17.65% 53.94
K9212イ 造血幹細胞採取(末梢血幹細胞採取)(同種移植) - - - - -
K9211イ 造血幹細胞採取(骨髄採取)(同種移植) - - - - -
K6261 リンパ節摘出術(長径3cm未満) - - - - -
K6181 中心静脈注射用植込型カテーテル設置(四肢) - - - - -
 血液内科では白血病,悪性リンパ腫,多発性骨髄腫,骨髄異形成症候群といった血液悪性疾患から血球数の異常(貧血・多血、白血球増多・減少、血小板増多・減少)への対応、そして難治性血液疾患に対する造血幹細胞移植を行っています。造血幹細胞移植は1983年より当科で導入され現在まで計527件施行されております(2017年3月現在 同種移植 355件(臍帯血移植 59件とハプロ移植 14件を含む) 自家移植 172件。)
消化器外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K719-3 腹腔鏡下結腸悪性腫瘍切除術 19 7.47 11.47 0.00% 66.16
K6152 血管塞栓術(頭部、胸腔、腹腔内血管等)(選択的動脈化学塞栓術) 18 2.94 5.83 0.00% 71.56
K6335 鼠径ヘルニア手術 16 1.81 3.31 0.00% 71.13
K655-22 腹腔鏡下胃切除術(悪性腫瘍手術) 16 4.00 15.31 0.00% 66.56
K6955 肝切除術(2区域切除) 12 7.67 19.00 0.00% 62.33
 腹腔鏡手術が上位となっています。
食道外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K529-21 胸腔鏡下食道悪性腫瘍手術(頸部、胸部、腹部の操作) 21 6.10 39.14 0.00% 65.38
K5291 食道悪性腫瘍手術(消化管再建手術併施)(頸部、胸部、腹部の操作) 13 11.77 48.62 0.00% 67.00
K5292 食道悪性腫瘍手術(消化管再建手術併施)(胸部、腹部の操作) - - - - -
K714 腸管癒着症手術 - - - - -
K725 腸瘻造設術 - - - - -
 当科では食道癌の治療を行なっています。食道癌の治療は手術、化学療法、放射線療法を組み合わせた集学的治療です。ステージ2,3の切除可能進行食道癌に対しては術前化学放射線療法+手術を行なっています。5日間の抗癌剤点滴を3週間の間隔で2回行い、それと並行して放射線療法を20回行います。以前は傷が大きく、筋肉、骨を切る開胸手術が中心でしたが、最近は傷が小さく、筋肉も骨も切らずに細いカメラと器械を使って行う鏡視下手術が中心になっています。胸の中で行う操作は開胸手術と同じなので難易度は高くなり時間もかかりますが、術後の回復は早いです。
呼吸器外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K514-23 胸腔鏡下肺悪性腫瘍手術(肺葉切除又は1肺葉を超える) 58 7.14 11.40 0.00% 68.43
K514-22 胸腔鏡下肺悪性腫瘍手術(区域切除) 17 8.24 12.71 0.00% 71.12
K514-21 胸腔鏡下肺悪性腫瘍手術(部分切除) 12 8.33 6.33 0.00% 62.42
K5131 胸腔鏡下肺切除術(肺嚢胞手術(楔状部分切除)) 11 7.36 5.64 0.00% 46.36
K5143 肺悪性腫瘍手術(肺葉切除又は1肺葉を超える) - - - - -
 肺癌に対する胸腔鏡下肺悪性腫瘍手術が上位となっています。胸腔鏡を用いて行うことで患者の負担を軽減しています。原発性肺癌に対する定型的肺切除に加え、他臓器からの転移病巣に対する部分的肺切除も行っています。
乳腺・内分泌外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K4762 乳腺悪性腫瘍手術(乳房部分切除術(腋窩部郭清を伴わない)) 20 1.20 5.90 0.00% 57.25
K4763 乳腺悪性腫瘍手術(乳房切除術(腋窩部郭清を伴わない)) 13 1.23 8.31 0.00% 59.23
K4765 乳腺悪性腫瘍手術(乳房切除術・胸筋切除を併施しない) 10 1.60 10.30 0.00% 68.80
K4611 甲状腺部分切除術、甲状腺腫摘出術(片葉のみ) - - - - -
K462 バセドウ甲状腺全摘(亜全摘)術(両葉) - - - - -
 当科で治療対象としているのは主に乳腺と甲状腺の疾患です。悪性腫瘍である乳がん、甲状腺がんは、女性に多く、特に乳がんは増加傾向が続いています。当科の治療において最も多いのは、乳がんに対する手術です。乳がんの手術は、乳房を全て切除する乳房切除術と、乳房を部分的に切除する温存術があります。近年も温存術を希望される方が多く、手術前の検査で、がんの広がりを的確に診断して温存術が可能かを確認しています。これをうけて、当院で最も多いのは温存術となっており、乳房切除術が続きます。また、わきの下のリンパ節を不要に切除することを避けるため、センチネルリンパ節生検を行なっており、腋窩郭清(わきの下のリンパ節全体を切除する手術)を省略できる場合が多くなっています。腋窩郭清を省略することで、患者さんの負担を軽減し、術後の在院日数も短縮しています。
小児外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K6335 鼠径ヘルニア手術 47 1.13 1.00 0.00% 2.11
K7151 腸閉塞症手術(腸重積症整復術)(非観血的) - - - - -
K836 停留精巣固定術 - - - - -
K6182 中心静脈注射用植込型カテーテル設置(頭頸部その他) - - - - -
K6333 臍ヘルニア手術 - - - - -
 小児の鼠径ヘルニアはこどもの約5%と発生頻度が高く、小児外科の手術のなかで最も多い手術です。
 当院では毎週水曜日を鼠径ヘルニアや停留精巣などの小手術に割り当て、2泊3日のクリカルパス(電子パス)を活用し、入院、手術治療を行っています。
心臓血管外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K5611 ステントグラフト内挿術(胸部大動脈) 29 8.10 18.86 20.69% 67.17
K560-22ニ オープン型ステントグラフト内挿術(上行・弓部同時、その他) 22 5.00 43.91 31.82% 68.86
K5551 弁置換術(1弁) 18 4.78 25.33 33.33% 73.06
K5612 ステントグラフト内挿術(腹部大動脈) 13 3.62 20.23 38.46% 74.54
K5943 不整脈手術(メイズ手術) 11 5.91 21.27 18.18% 64.36
 胸部大動脈疾患に対して、ステントグラフトを用いた血管内治療を行うことによって、手術の低侵襲化と入院期間の短縮を図っています。また、開胸手術においてもオープン型ステントグラフトを取り入れた術式を採用しており、従来の手術法よりも安全かつ良好な成績が得られています。このオープン型ステントグラフトを取り入れた手術は全国的にも屈指の症例数です。
脳神経外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K1692 頭蓋内腫瘍摘出術(その他) 59 9.49 31.58 22.03% 59.59
K1771 脳動脈瘤頸部クリッピング(1箇所) 30 2.67 24.77 43.33% 61.00
K154-3 定位脳腫瘍生検術 15 6.20 41.73 46.67% 67.33
K1781 脳血管内手術(1箇所) 14 3.00 36.36 42.86% 67.36
K6092 動脈血栓内膜摘出術(内頸動脈) 12 8.25 11.75 0.00% 68.17
 当科では秋田県内全体から脳腫瘍や血管障害の患者さんが紹介されており、結果として、脳腫瘍についてはK1692は頭蓋内腫瘍摘出術やK1543定位脳腫瘍生検術が多くなっている。血管障害の分野の脳動脈瘤についてはK1771脳動脈瘤頸部クリッピング術という開頭術のほかK1781血管内手術によるコイル塞栓術が選択され多くなっている。また、脳梗塞や脳虚血の原因となる頚動脈狭窄症に対してのK6092動脈血栓内膜摘出術も行っている。
婦人科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K879 子宮悪性腫瘍手術 57 4.54 15.58 0.00% 52.67
K8882 子宮附属器腫瘍摘出術(両側)(腹腔鏡) 39 2.23 3.56 0.00% 38.92
K872-2 腹腔鏡下子宮筋腫摘出(核出)術 22 2.00 3.73 0.00% 36.59
K877 子宮全摘術 22 1.68 7.73 0.00% 49.27
K889 子宮附属器悪性腫瘍手術(両側) 22 3.45 12.27 0.00% 59.05
 悪性・良性疾患を問わず、手術前入院日数は2日を基本としています。合併症がある患者については、その精査・加療のため必要に応じて早めの入院管理としており、特に悪性腫瘍患者様は高齢で合併症があることが多いため、また術後に初回の抗がん剤治療をすることがあるため入院日数が長くなっております。腹腔鏡下手術の術後の入院日数は3〜4日を基本としております。
産科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K8982 帝王切開術(選択帝王切開) 58 16.47 6.64 0.00% 34.14
K8981 帝王切開術(緊急帝王切開) 30 5.13 7.20 0.00% 32.67
K893 吸引娩出術 28 5.96 5.21 0.00% 31.64
K8961 会陰(腟壁)裂創縫合術(分娩時)(筋層に及ぶ) 10 0.60 4.70 0.00% 34.30
K897 頸管裂創縫合術(分娩時) - - - - -
 当院の総分娩数は年間約350件であり、母体合併症や胎児異常の管理を主にしているため帝王切開率はやや高く約30%となっております。帝王切開術後の入院日数は7日、正常経腟分娩後の入院日数は5日を基本としております。
整形外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K0821 人工関節置換術(肩) 67 2.51 25.49 14.93% 67.06
K1426 脊椎固定術、椎弓切除術、椎弓形成術(椎弓形成) 39 5.97 19.23 15.38% 67.36
K1422 脊椎固定術、椎弓切除術、椎弓形成術(後方又は後側方固定) 37 6.30 26.73 37.84% 62.70
K0542 骨切り術(前腕) 23 1.30 27.09 17.39% 62.13
K1423 脊椎固定術、椎弓切除術、椎弓形成術(後方椎体固定) 20 7.75 26.20 35.00% 66.40
 中高齢者で増えつつある腰部脊柱管狭窄症や頚椎症、脊柱変形などの脊椎変性疾患に対する脊椎固定術や椎弓形成術などが多くなっています。また同様に中高齢者の変形性関節症に対する人工股関節置換術、人工膝関節全置換術が多くなっていますが、関節を温存して変形や痛みを改善する下肢の骨切り術が最近増加しています。
皮膚科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K0072 皮膚悪性腫瘍切除術(単純切除) 143 0.69 3.73 1.40% 75.96
K0051 皮膚、皮下腫瘍摘出術(露出部)(長径2cm未満) 28 0.71 1.18 0.00% 35.89
K013-21 全層植皮術(25cm2未満) 24 0.58 3.29 4.17% 65.75
K0052 皮膚、皮下腫瘍摘出術(露出部)(長径2cm以上4cm未満) 16 0.75 1.38 0.00% 32.75
K0062 皮膚、皮下腫瘍摘出術(露出部以外)(長径3cm以上6cm未満) 11 0.91 3.00 0.00% 47.09
 皮膚科は基底細胞癌、有棘細胞癌、悪性黒色腫などの皮膚悪性腫瘍の切除と再建を行う患者さんが多いです。
 局所麻酔で手術を行うことが多く、1泊2日入院・手術も積極的に行っています。また、早期に退院できるように切除や再建方法を工夫して行うようにしています。
泌尿器科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K8036イ 膀胱悪性腫瘍手術(経尿道的手術)(電解質溶液利用) 84 3.11 3.13 0.00% 73.27
K843-4 腹腔鏡下前立腺悪性腫瘍手術(内視鏡手術用支援機器を用いる) 60 3.10 8.83 0.00% 66.10
K610-3 内シャント設置術 34 2.56 6.18 0.00% 62.62
K007-2 経皮的放射線治療用金属マーカー留置術 31 1.06 1.03 0.00% 72.42
K773-5 腹腔鏡下腎悪性腫瘍手術(内視鏡手術用支援機器を用いる) 21 3.57 8.76 0.00% 62.00
 泌尿器全般における悪性、良性疾患の手術の他、腎不全に対する治療、手術も行っているため、内シャント設置術の件数が多い。また低侵襲手術を積極的に行っているため、腎癌や前立腺癌に対してはロボット支援下腹腔鏡下手術(ダヴィンチ)の症例も多くなっている。前立腺癌に対しては手術以外の根治治療(放射線治療や小線源療法)も行っており、強度変調放射線療法(IMRT)に対する金属マーカー留置術の症例も多い。
眼科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K2801 硝子体茎顕微鏡下離断術(網膜付着組織を含む) 279 1.41 8.65 0.72% 64.21
K2821ロ 水晶体再建術(眼内レンズを挿入する場合)(その他) 247 1.36 1.49 0.40% 71.91
K2683 緑内障手術(濾過手術) 63 1.63 13.02 0.00% 65.52
K281 増殖性硝子体網膜症手術 63 6.00 12.57 0.00% 53.92
K2802 硝子体茎顕微鏡下離断術(その他) 44 2.57 6.86 0.00% 70.64
 硝子体茎離断術、増殖性硝子体網膜症手術は、水晶体再建術と同時に行うことが多くなっております。統計上、どちらかを選択することになっており、水晶体再建術は件数が低くなっております。
 緑内障手術は、近年、流出路再建術の件数が増加したため、濾過手術は減少傾向です。
耳鼻咽喉科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K319 鼓室形成手術 31 2.19 12.65 0.00% 47.26
K0172 遊離皮弁術(顕微鏡下血管柄付き)(その他) 24 7.75 50.67 4.17% 64.71
K4571 耳下腺腫瘍摘出術(耳下腺浅葉摘出術) 20 1.80 9.00 0.00% 67.75
K3772 口蓋扁桃手術(摘出) 19 1.53 7.32 0.00% 19.16
K340-6 内視鏡下鼻・副鼻腔手術4型(汎副鼻腔手術) 16 2.50 6.31 0.00% 63.50
 手術別にみると鼓室形成術が多い。患者数の総数は悪性腫瘍が多いものの、すべてが遊離皮弁術の適応になるわけではない。遊離皮弁術を受ける患者は術前に入念な全身状態管理を要することが多く、平均術前日数がやや大きくなっている。皮弁術後の術後日数は嚥下リハビリなどの必要性もあり長めとなっている。扁桃摘出術は幼児から小児の適応が多く平均年齢は低くなっている。慢性副鼻腔炎に対する手術は合併症はあまり起きておらず平均術後日数はそれほど延びていない。
腫瘍内科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K6112 抗悪性腫瘍剤動脈内持続注入用植込型カテーテル設置(四肢) 28 3.32 14.82 3.57% 63.68
K6181 中心静脈注射用植込型カテーテル設置(四肢) - - - - -
K654 内視鏡的消化管止血術 - - - - -
K783-2 経尿道的尿管ステント留置術 - - - - -
K775 経皮的腎(腎盂)瘻造設術 - - - - -
 植込型カテーテル(CV port)は、主に進行再発大腸癌の治療の際に用いられる事が多かったですが、近年では、5FUの46時間持続静注レジメンと5FU系内服薬を用いたレジメンとの非劣性が証明されるにつれて、CV port留置件数は減少しています。しかし、投与時間の長いレジメン以外にも、静脈路確保困難症例や、血管への毒性が強い薬剤投与の際にも留置されるケースがあります。
 また、われわれは終末期も見据えた介入も行っておりますが、経口摂取困難時や体調不良時、オピオイドなどの持続静注時にも安定した静脈路が必要となるため、緩和的介入も見据えた適応を考慮して行っています。
 基本的には、留置時の合併症を考慮して、超音波ガイド下穿刺を基本として、上腕への留置を行っております。また植込型カテーテル手技と末梢挿入型中心静脈カテーテル手技は、ほぼ同様であり、医療安全の面でも同手技を修得することが必要と考え、当科スタッフの大半が修得している状態です。
その他(DIC、敗血症、その他の真菌症および手術・術後の合併症の発生率)ファイルをダウンロード
DPC 傷病名 入院契機 症例数 発生率
130100 播種性血管内凝固症候群 同一 - -
異なる 15 0.14%
180010 敗血症 同一 18 0.17%
異なる 14 0.13%
180035 その他の真菌感染症 同一 - -
異なる - -
180040 手術・処置等の合併症 同一 36 0.35%
異なる - -
 上記の傷病名が「入院の契機となった傷病名」と「同一」か「異なる」かで集計しています。
 播種性血管内凝固に関しては、該当科と血液内科が、敗血症や真菌感染症については該当科とICT(infection control team)が協力して治療に当たっております。
更新履歴
2017/9/29
平成28年度 秋田大学医学部附属 病院指標を公表しました。

このページの先頭へ