診療科・部門のご案内

診療科

消化器内科

咽頭、食道、胃、大腸の早期がんの内視鏡下粘膜下層剥離術を用いた治療や肝臓、胆のう、膵臓、等の多彩な疾患の診断・治療を行なっています。

診療科のページヘ

神経内科

中枢神経感染症、脳血管障害、認知症、パーキンソン病、脊髄小脳変性症、運動二ユーロン病、神経免疫疾患など多岐にわたる疾患の救急も含めた外来診療・入院診療を行っています。

診療科のページヘ

循環器内科

狭心症、心筋梗塞、心不全、不整脈、弁膜症、心筋症などの心血管疾患および、高血圧症、高脂血症、メタボリックシンドローム、肺血栓塞栓症(エコノミー症候群)などの血栓症の治療を行っています。

診療科のページヘ

呼吸器内科

肺癌、肺炎等の感染症、びまん性肺疾患、気管支喘息、慢性閉塞性肺疾患、気胸・膿胸、禁煙外来による専門的禁煙指導などの治療を行っています。

診療科のページヘ

血液内科

白血病、悪性リンパ腫、多発性骨髄腫、骨髄異形成症候群といった血液悪性疾患から血球数の異常への対応、そして難治性血液疾患に対する造血幹細胞移植を行っています。

診療科のページヘ

腎臓内科

末期腎不全(ESRD; end stage renal disease)に至らないための腎炎、ネフローゼ症候群治療を行っています。

診療科のページヘ

リウマチ科

関節リウマチ、全身性エリテマトーデス、強皮症、皮膚筋炎・多発性筋炎、混合性結合組織病、血管炎症候群、シェーグレン症候群など多彩な症状を呈する難病の早期診断、治療に努めております。

診療科のページヘ

糖尿病・内分泌内科

他科と密接な連携をとりながら、総合内科医として糖尿病患者を1人の人間として尊重し包括的にマネジメントできることを理想として診療しています。

診療科のページヘ

老年内科

糖尿病・高脂血症を中心とする代謝疾患、甲状腺、副腎、下垂体などの内分泌疾患を受け持っています。

診療科のページヘ

腫瘍内科

診療ガイドラインを遵守した標準治療を中心に、各種臓器の進行・再発がんや手術不能ながんの薬物療法を行っています。

診療科のページヘ

小児科

「小児疾患の総合医療」を目指し、新生児、総合、循環器、血液・腫瘍の4グループで診療を行っています。

診療科のページヘ

精神科

身体合併症を有する精神科患者受け入れの県内拠点病院に指定されています。重篤な身体合併症を持つ精神科患者や、妊娠出産を控えた精神科患者を受け入れ、各科との連携を密に行いながらバランスの取れた治療を行っています。

診療科のページヘ

泌尿器科

ロボット手術・腹腔鏡下手術、泌尿器癌、腎移植、神経因性膀胱・尿失禁の診療において、様々な最先端の治療を行っています。

診療科のページヘ

眼科

県内唯一の眼科高次医療機関としての役割を果たすため、眼に関するあらゆる疾患について診療を行っております。特に重篤な視覚障害をきたす緑内障、網膜硝子体疾患の診療に力を注いでおります。

診療科のページヘ

耳鼻咽喉科

耳鼻咽喉科では、耳、鼻、口腔、咽頭、喉頭、頭部の疾患全てに対し、幅広く高度な医療を提供できるよう心掛けつつ診療を行っています。

診療科のページヘ

放射線診断科

院内の全ての科を対象とした画像診断を受け持っており、また院外からの検査依頼にも適宜対応しています。

診療科のページヘ

放射線治療科

各種悪性腫瘍に対して外部から放射線を照射する治療(外照射)を中心に内科や外科などとの協力のもとに行っており、院外からの依頼に対しても、適宜対応しております。

診療科のページヘ

麻酔科

麻酔科専門医の資格を持った医師が、それぞれの患者さんにとって最適と思われる麻酔法を選択して全身管理を行っています。

診療科のページヘ

リハビリテーション科

対象としている主な疾患は、脳疾患、神経疾患、脊椎・脊髄疾患、整形外科疾患、呼吸器疾患、循環器疾患、内分泌疾患など多岐にわたっています。

診療科のページヘ

救急科

スタッフは救急科専門医、集中治療専門医、外科専門医、熱傷学会専門医、外傷学会専門医、整形外科専門医、麻酔科専門医等を取得しており、その知識と技術を診療に生かしていることは当科の特徴の一つです。

診療科のページヘ

消化器外科

肝臓、胆道、膵臓、胃、腸の各疾患において、我が国における標準的な治療と同時に、当科独自の先進的な治療を皆様に提供できる体制を取っております。

診療科のページヘ

呼吸器外科

肺癌や転移性肺腫瘍などの腫瘍性疾患の外科的治療を中心とし、早期肺癌に対する胸腔鏡手術や区域切除などの低侵襲手術も積極的に行っています。

診療科のページヘ

食道外科

食道癌を中心とした食道疾患全般に対する外科治療を行っています。食道癌に対しては"食道癌を完全に治すこと"つまり根治性を重視した治療を最も大切にしています。

診療科のページヘ

乳腺・内分泌外科

乳癌治療を中心とした乳腺診療と甲状腺、副甲状腺などの内分泌臓器の外科治療を行っています。

診療科のページヘ

心臓血管外科

先天性や後天性の心疾患、大血管や末梢血管などの血管疾患に対する外科治療を行っており、秋田県の心臓血管外科医療の最後の砦を使命としております。

診療科のページヘ

脳神経外科

脳血管障害、脳腫瘍、脊椎・脊髄疾患を3本柱として、標準的な治療を、安全かつ確実に提供しています。

診療科のページヘ

小児外科

主に生まれたばかりの赤ちゃんから思春期までの外科治療が必要な患者さんの診療を行っています。

診療科のページヘ

産科婦人科

精子・卵子から胎児、周産期、思春期、更年期、婦人科医療と女性の一生の多くのイベントを取り扱っています。

診療科のページヘ

整形外科

椎間板ヘルニア、脊柱管狭窄症、変形性関節症、リウマチ、骨軟部腫瘍、スポーツ障害、骨折・脱臼などの運動器疾患を対象としています。

診療科のページヘ

皮膚科

一般的な皮膚疾患をはじめ、特殊専門外来として美容・にきび外来、爪外来を開設しており、近年多様化した患者ニーズに対応できる診療体制を取っております。

診療科のページヘ

病理診断科

臨床医とともに病理・細胞診断を通して、患者さんに迅速かつ正確な報告を心がけております。

診療科のページヘ

歯科口腔外科

秋田県の歯科口腔外科疾患の三次医療機関、地域の中核病院として、顎口腔領域の外傷、炎症、腫瘍および嚢胞、顎関節疾患、埋伏智歯などの難抜歯、歯科インプラント、口唇口蓋裂、顎変形症などの治療を専門に行っています。

診療科のページヘ

特殊外来

漢方外来

西洋医学に加え漢方を専門に学んだ医師により、個々の患者さんに最も適した伝統的な漢方薬による治療を行っております。

外来のページヘ

緩和ケア外来

患者さんやご家族の、病気や治療に伴う身体的・精神的・社会的・スピリチュアルな 痛みに関わって活動しています。またリンパ浮腫の診断・指導も行っています。

外来のページヘ

部門

中央検査部

検査依頼情報から結果までを一元管理し、進行状況や精度の確認が可能となっており、迅速で質の高い検査データを提供しています。

部門のページヘ

中央手術部

1)手術を受ける患者さんの安全を確保する、2)医師、看護師、コメディ力ルスタッフが快適で効率的な業務が行えるよう運営する、3)各診療科が望む最先端の医療が行える環境を整えることを心がけています。

部門のページヘ

中央放射線部

放射線科医師の指示のもと、放射線等を用いて様々な検査及び治療を行う部門であり、大きく分けて放射線画像診断部門と放射線治療部門に分かれています。

部門のページヘ

中央材料部

手術用器材をはじめ院内全ての再生器材の洗浄・消毒・滅菌を行う部門と、医療材料の管理を行うSPDセンターの2部門からなる中央診療部門です。

部門のページヘ

集中治療部

内科系・外科系を問わず、呼吸、循環、代謝などの重篤な急性機能不全の患者を受け入れ、人工呼吸管理や循環管理などの集中治療を行う部門です。

部門のページヘ

救急部

災害医療体制の中では、県内唯一の基幹災害医療センターとして、重症患者を受け入れ治療する役割を担っています。

部門のページヘ

輸血部

輸血に関する輸血検査、自己血採血、血液製剤の保管、使用状況の管理のほかに、移植関連業務として造血幹細胞の採取・保存や骨髄移植推進財団や臍帯血バンクネットワークから提供を受けた移植片の調整や保管を行っています。

部門のページヘ

リハビリテーション部

臨床各科から依頼を受けて、専門的なリハビリテーション治療を施しています。

部門のページヘ

医療情報部

当院では院内のほとんどの業務が病院情報システムを介して行われており、この病院情報システムの構築や管理・運用が主な業務となります。

部門のページヘ

血液浄化療法部

急性や慢性の腎不全導入・維持治療のほかに、原因物質の吸着除去や血漿交換、抗体除去、慢性腎不全患者に対する手術療法のバックアップ等、多岐にわたってその適応が拡大しています。

部門のページヘ

中央病歴部

外来・入院診療録(力ルテ)の管理・保管を行っている部門です。特に、外来診療録は、自動化された保管庫で管理し、予約等に伴い自動的にカルテが選び出されるようになっています。

部門のページヘ

周産母子センター

切迫早産、妊娠高血圧症候群、胎児先天性疾患、母体合併症妊娠などのハイリスク妊娠の周産期医療(妊娠・分娩・産褥管理、新生児管理)を行っています。

部門のページヘ

病理部

臨床医とともに病理・細胞診断を通して、患者さんに迅速かつ正確な報告を心がけております。

部門のページヘ

総合診療部

どの診療科を受診して良いかわからない患者さんを対象に初期診療を行い、適切な専門診療科に紹介します。」

部門のページヘ

臨床研究支援センター

「医薬品の臨床試験の実施の基準」を遵守し、治験や製造販売後臨床試験に関する業務を円滑に行うため、有効で安全な新薬を一日でも早くお届けできるよう日々の業務を行っております。

部門のページヘ

臨床工学センター

医療機器を中央管理し、医療機器の貸出、保守点検、修理などを行うとともに、臨床工学技士の適正な配置と専門的技術の提供を通して、医療機器の安全および効率的な運用を図っています。

部門のページヘ

移植検査センター

移植希望者のHLA検査ならびにクロスマッチ試験用血清の保管、臓器提供者のHLA検査と感染症検査等の検査業務を行っています。

部門のページヘ

総合臨床教育研修センター

県内・国内外の機関と連携し、分野横断的な教育・研修を推進するとともに、ワークライフバランス支援などの環境整備等も含め、総合的に医療発展に寄与していきます。

部門のページヘ

内視鏡・超音波センター

内視鏡と超音波診断装置を用いて各種消化器、循環器疾患の診断と治療を行っています。

部門のページヘ

遺伝子医療部

患者さんへの遺伝に関する情報提供と心理支援を目的とした、遺伝カウンセリングを行っています。カウンセリングは、日本人類遺伝学会の認定する臨床遺伝専門医が担当し、幅広い領域の相談に対応しています。

部門のページヘ

腫瘍情報センター

国のがん対策推進計画の2大目標である、10年以内にがんによる死亡者を20%減少、全てのがん患者およびそのご家族の苦痛の軽減並びに療養生活の質の維持向上のために活動しています。

部門のページヘ

地域医療患者支援センター・がん相談支援センター

医療サービスと介護サービスの切れ目ない提供や役割分担・連携のために退院転院支援などの地域連携と情報伝達などを行っています。

部門のページヘ

化学療法部

各種委員会・ワーキンググループ・キャンサーボードなどに関与し、化学療法プロトコールの管理や外来化学療法室・院内での化学療法体制の整備などを進めております。また、診療面では主に外来化学療法室での患者さんへの対応に携わっています。

部門のページヘ

緩和ケアセンター

患者さんやご家族の、がん疾患のみならず、病気や治療に伴う身体的・精神的・社会的・スピリチュアルな痛みに関わって活動しています。

部門のページヘ

心療センター

身体病変によらない適応障害一般、すなわち心身症、神経症、不定愁訴などに対し、認知行動学的論理に基づき愁訴の分析、診断、加療を行っています。

部門のページヘ

肝疾患相談センター

肝疾患に関する情報の収集を行い、それを患者さんやそのご家族、医療従事者に広く提供しています。さらに県内各地で開催される市民公開講座において、最新の肝疾患に関する話題を提供しています。

部門のページヘ

栄養管理部

フードサービスとクリ二力ルサービスを連携させてマネジメントすることで、治療効果の向上を図ることを目的として活動しています。安全で満足度の高い治療食の提供や栄養指導による治療効果の向上を目指します。

部門のページヘ

腎疾患先端医療センター

糖尿病性腎症、慢性腎炎、腎硬化症などの発症予防、病状悪化抑制対策の啓発活動に取り組んでいます。

部門のページヘ

医療安全管理部

医療事故などの防止と患者さんの安全を確保するために、医療事故を最小限にとどめるシステム作りや教育活動を行うことで、当院の医療安全が高いレベルに維持されるよう、日々取り組んでおリます。

部門のページヘ

感染制御部/ICT

感染制御部は、主治医や現場スタッフとの連携のもとに感染防止対策・感染症診療支援を行っています。

部門のページヘ

薬剤部

医療スタッフへの医薬品適正使用の啓発、医薬品安全情報の提供を行う一方で、薬剤管理指導業務において患者さんの服薬サポートを行っています。

部門のページヘ

看護部

患者さんを24時間見守っている看護師は、常に患者さんの視点に立って看護ケアを提供するように心がけています。

部門のページヘ

このページの先頭へ