循環器内科Cardiovascular

診療内容・特色

 当科では、緊急性の高い急性冠症候群、致死性不整脈、急性心不全や、専門的な診断を必要とする弁膜症や心筋症、生活習慣病を基盤とする動脈硬化性疾患の治療から予防に至るまで、多岐にわたる心血管疾患の診療を行っています。循環器救急疾患を24時間体制で受け入れているだけでなく、重症心不全、心臓外科手術適応、難治性高血圧、成人先天性心疾患、肺高血圧症、大動脈炎など、より専門性の高い高度な循環器医療を必要とする症例も積極的に受け入れています。

 当科における治療体制は、「観血的治療」と「予防・慢性期管理」の2つから成っています。急性心筋梗塞を例にとると、救急現場での的確かつ迅速な診断、緊急カテーテル治療、ICUでの集中治療、病状安定後の心臓リハビリテーション、退院後の二次予防と、急性期から慢性期に移行するにつれて求められる医療は異なります。外来診療、病棟診療を緊密に連携させた体制を確立することにより、継続的な質の高い医療を提供しています。


治療体制


ロータブレーダによる冠動脈形成術


CRT-D植え込み術


バルーン大動脈弁形成術


3次元経食道エコーによる
Structural Heart Disease診断

取り扱う主な疾患

カテーテル治療を要する疾患
急性心筋梗塞、不安定狭心症、末梢動脈疾患
(閉塞性動脈硬化症、腎動脈狭窄症など)
専門医による診断、治療を要する高血圧性疾患
二次性高血圧症、難治性高血圧症など
難病指定疾患など専門的診断、治療を要する疾患
高安動脈炎、肺高血圧症、家族性高コレステロール血症など
心筋症
拡張型心筋症、肥大型心筋症、心サルコイドーシス、心アミロイドーシスなど
成人先天性心疾患(修復術後を含む)
 
弁膜症
大動脈弁狭窄症、大動脈弁閉鎖不全症、僧帽弁閉鎖不全症など
不整脈
心室頻拍、心室細動、心房細動、心房粗動、上室性頻拍、房室ブロック、洞不全症候群など

診療実績

循環器内科(2017年度)
疾患名 件数
うっ血性心不全による入院数 591
経皮的冠動脈形成術(PCI)総数 212
急性心筋梗塞に対するPCI件数 59
不安定狭心症に対するPCI件数 41
ロータブレーダー件数 12
PCPS件数 11
末梢血管に対するカテーテル治療件数 26
心大血管疾患リハビリテーション実施延べ件数 3686
経胸壁心エコー件数 4226
経食道エコー件数(術中検査を除く) 117
血管エコー件数 323

外来受付スケジュール

※10:30以降は予約された方のみ受診できます

曜日 受付時間(予約を除く) 受付 診療内容
月曜 8:30 ~ 10:30 初診 循環器内科
再診 循環器内科(成人先天性心疾患含む)
火曜 8:30 ~ 10:30 初診 循環器内科
再診 循環器内科
水曜 8:30 ~ 10:30 初診 循環器内科
再診 循環器内科
木曜 8:30 ~ 10:30 初診 循環器内科
再診 循環器内科
金曜 8:30 ~ 10:30 初診 循環器内科
再診 循環器内科

スタッフ一覧

役割 職種 氏名 専門領域 資格
科長 教授 渡邊博之 循環器内科学
心臓超音波医学
心筋症
弁膜症
心不全
日本内科学会認定医・指導医
日本循環器学会専門医
日本超音波医学会専門医・指導医
日本高血圧学会専門医・指導医
病棟医長 准教授 飯野健二 循環器内科学
虚血性心疾患
日本内科学会認定医・総合内科専門医
日本循環器学会専門医
日本心血管インターベンション治療学会専門医・指導医
ICD/CRT実施資格
外来医長 助教 鈴木智人 循環器内科学
虚血性心疾患
日本内科学会認定医・総合内科専門医
日本循環器学会専門医
日本心血管インターベンション治療学会認定医
心臓リハビリテーション指導士
医局長 助教 関 勝仁 循環器内科学 日本内科学会認定医・総合内科専門医
日本循環器学会専門医
日本心血管インターベンション治療学会認定医
  助教 飯野貴子 循環器内科学
先天性心疾患
日本内科学会認定医・総合内科専門医
日本循環器学会専門医
日本超音波医学会専門医・指導医
SHD心エコー図認証医
助教 佐藤輝紀 循環器内科学 日本内科学会認定医・総合内科専門医
日本循環器学会専門医
日本心血管インターベンション治療学会認定医
ICD/CRT実施資格
  助教 佐藤和奏 循環器内科学 日本内科学会認定医
日本循環器学会専門医
日本超音波医学会専門医・指導医
日本高血圧学会専門医

診療科・講座のホームページアドレス

http://www.med.akita-u.ac.jp/~naika2/

このページの先頭へ