移植検査センターCenter of Histocompatibility and Immunogenetics

業務内容・特色

 移植医療において、提供者(ドナー)と患者(レシピエント)の免疫学的な相性は,HLA(Human Leukocyte Antigen)によって決まります。この相性を組織適合性といいます。HLA分子の組み合わせは両親から遺伝的に受け継いだ染色体ハプロタイプを反映しています。HLAのハプロタイプには人種性、民族性、地域性がありますが、単一民族であるわが国でさえも組織適合性が完全合致する割合はおおよそ10万人に1人とされています。また、グローバル化が進む現代においては日本人HLAだけでなく広範囲に組織適合性を評価することも求められ、その一致率は今後ますます多様化することが予想されます。

 当センターでは,臓器移植希望者や提供者のHLA型検査ならびに移植前後の抗HLA抗体検査を行っています。また、直接クロスマッチ試験用血清を自施設保管するとともに全国移植施設へ献体送付も行なっています。
 2011年よりLuminex®システムの導入、フローサイトメトリの導入を経て、幅広い移植検査体制の整備を進めています。そして,秋田県内の移植医療をサポートし,移植成績の向上に貢献することを目指します。


自動DNA抽出装置


サーマルサイクラー(核酸増幅装置)


LUMINEX®システム

献腎移植登録者のHLA検査件数と血清保管検体数の年次推移

献腎移植登録者HLA型検査件数 県内登録更新者血清保管検体数 県外登録更新者血清保管検体数
2006年度 - 33 249
2007年度 - 85 710
2008年度 5 83 706
2009年度 6 83 685
2010年度 8 77 664
2011年度 4 75 642
2012年度 3 70 598
2013年度 1 65 552
2014年度 0 60 581
2015年度 3 60 590
2016年度 2 57 583

スタッフ一覧

役割 職種 氏名 兼務・所属
センター長 教授 佐藤 滋 腎疾患先端医療センター
副センター長 講師 藤島 直仁 輸血部
  助教 藤山 信弘 腎疾患先端医療センター
臨床研究支援センター

このページの先頭へ