中央材料部Central Supplying Division

診療内容・特色

 中央材料部は、手術用器材をはじめ院内全ての再生器材の洗浄・消毒・滅菌を行う部門と、医療材料の管理を行うSPDセンターの2部門からなる中央診療部門です。業務は院内委託方式であり、特定機能病院である当院の中で行われる高度医療の安全を守り、必要な材料を過不足なく現場に届けることができるように働いています。2011年度より、滅菌物管理システムが導入され手術用器材のトレーサビリティが実施されています。2012年度は、それまで手術部が行っていた業者貸し出し器械(LI)の洗浄滅菌業務が委託となりました。実施方法について学習を重ね、10月から全科の貨し出し器械に対応しています。2012年12月には、県内に初めて手術支援ロボッ卜のダヴインチが導入されたことから、インス卜ウルメン卜の洗浄滅菌も開始しました。中央材料部では、新しい機器や材料の購入についても安全性や価格等を検討し診療支援を行っております。


バーコードによる器材の読み取り


高圧蒸気滅菌装置


SPDセンター内


滅菌物管理システムの端末画面

主な設備と稼動実績(2013年度)

主要設備 台数 稼動回数/年 平均/月
自動ジェッ卜式超音波洗浄装置 3台 7,978回 665回
高圧蒸気滅菌装置 3台 3,087回 257回
酸化工チレンガス滅菌装置 2台 465回 39回
プラズマ滅菌装置(100S) 1台 1,011回 84回
プラズマ滅菌装置(NX) 1台 397回 33回

SPDセンターの活動実績(2013年度)

対象部署 部署数
病棟 15部署
外来 24部署
中央診療部門 7部署

医療材料購入実績(2013年)

SPDセンター…3億7,647万円
直納品…………27億7,528万円

スタッフ一覧

役割 職種 氏名 専門領域 資格
部長 教授 西川俊昭 麻酔科教授
副部長 准教授 吉野裕顕 小児外科准教授
看護師長 佐々木和子 看護部

このページの先頭へ