輸血部Division of Blood Transfusion

診療内容・特色

 輸血療法は適正に行われた場合には極めて有効性が高いことから年間100万人以上の患者さんに行われています。 また、輸血には自分の血液(自己血)を使用する自己血輸血とボランティアドナーさんの血液から作られた同種血を使用する同種血輸血があり、 我が国では年間500万人以上のドナーさんが献血に協力しています。
 輸血部では必要な患者さんに安全な血液を速やかに供給するお手伝いをしています。日本赤十字社をはじめとした関係者の努力により、輸血療法の安全性は飛躍的に向上しましたが、同種血輸血では未だにB型肝炎ウイルスを主体とする輸血を介した感染症やアレルギー性の副作用を完全には回避することができていません。この点から当院では自己血輸血の使用を推進しています。自己血の場合にも採血時に血管迷走神経反応が起こる可能性がありますので、患者さんは採血前に水分や食事をしっかり摂ってからお越しください。
 また、輸血部では輸血に関する輸血検査、自己血採血、血液製剤の保管、使用状況の管理のほかに、移植関連業務として造血幹細胞(末梢血幹細胞)の採取・保存や骨髄移植推進財団(骨髄バンク)や臍帯血バンクネットワークから提供を受けた移植片の調整や保管を行っています。


自動細胞解析装置


自動輸血検査装置


自己血採血室

主な設備あるいは検査等可能な項目

  • 自己血採血・成分採血機器
  • テルモ ヘモクイック
  • TERUMO BCT Spectra Optia

診療実績


製剤別輸血単位数(2016年度)
血液製剤 使用単位数
赤血球濃厚液 8,977
新鮮凍結血漿 4,198
濃厚血小板 32,335
検査件数(2016年度)
検査項目 件数
血液型検査 4,736
T&S 4,838
不規則抗体検査 391
妊婦スクリーニング 424
間接クームス試験 169
直接クームス試験 177
臍帯血液型検査
亜型の検査
HIV抗体検査
輸血後HIV抗体検査
HTLV-I抗体検査
抗A抗B抗体価 123
献腎HLA検査 4

スタッフ一覧

役割 職種 氏名 兼務・所属 資格
部長 教授 高橋 勉 小児科教授  
副部長 講師 藤島直仁   輸血認定医
輸血検査主任 臨床検査技師 能登谷 武   認定輸血検査技師
  臨床検査技師 熊谷美香子    
  臨床検査技師 佐藤郁恵   認定輸血検査技師
細胞治療認定管理士
  臨床検査技師 佐々木綾子   細胞治療認定管理士
  事務系補佐員 吉田由紀    

このページの先頭へ