化学療法部Division of Cancer Chemotherapy

診療内容・特色

 当部門は、
1)外来化学療法室の運営
2)院内の抗がん剤治療の管理を担当しています。

 現在、抗がん剤治療の大半は外来で行うようになりました。これによって患者さんは長期にわたる治療でも社会や家庭とのかかわりを保ちながら、外来で治療を行うことができるようになりました。外来化学療法には多くのスタッフが関わっています。そこには直接、患者さんの目には触れないスタッフもいます。
 まず、治療のメニュー(プロトコール)は最新のものが常に書き加えられています。このプロトコールは委員会で審議、承認されてから病院のコンピューターに登録されます。患者さんごとの適切な投与量はコンピューターが指示し、治療に関わる全スタッフ(医師、薬剤師、看護師、事務員)が目を通し、確認します。外来化学療法は病棟と同等以上のスタッフが支えています。
 このように外来化学療法は最適性、妥当性、安全性などが幾重にも検証された上で、患者さんの利便性にも配慮がなされています。


外来化学療法室では「がん患者さんの変わらぬ日常生活」を応援します。

業務内容の特徴

外来化学療法室内

外来化学療法室には6床のリクライニング・シートと1床のベッドがあり、それぞれにDVD付のTVが備わっており、患者さんは楽な姿勢でTV・映画・音楽などを楽しみながら治療を受けられます。飲食も可能です。外来化学療法を安全・円滑に施行するために様々な工夫がなされております。

外来化学療法室で治療を受けることになった患者さんには、開始前日までに外来化学療法室に立ち寄っていただきオリエンテーションを実施しています。

治療当日は各診療科での診察を受けた後にオーダリングシステムに化学療法の実施指示が入力され、その指示をもとに薬剤師が無菌的に薬剤を調整します。レジメンはあらかじめプロトコール委員会での審査を経て事前登録されており、薬剤の過量投与などがないか、オーダリングシステム・医師・薬剤師・看護師らによる多重チェック機構が働きます。

投与中はそれぞれの患者さんの状況や各薬剤の特徴に応じた副作用のチェックなどが行われ、副作用には迅速に対応するよう努めております。また患者さん自身の副作用対策や自己管理について、スタッフが適宜相談に応じております。他の業務にも追われる各診療科の外来処置室での治療にくらべ、より化学療法に集中した環境で治療ができ安全面でも好ましく、患者さんにとっても快適である場合が多いようです。

以下に外来化学療法の大まかな流れを示します。

外来化学療法の流れ

2013年度 外来化学療法室稼働状況

稼動日数 全科 消化器内科 呼吸器内科 血液内科 リウマチ科 消化器外科 乳腺外科 食道外科 呼吸器外科 泌尿器科 脳神経外科 放射線科 耳鼻咽喉科 眼科 皮膚科 神経内科 緩和ケア 腫瘍内科
2013 4月21 252 21 23 15 51 40 33 5 7 6 0 0 2 2 1 0 0 46
5月21 225 18 19 14 44 40 27 6 8 7 0 0 1 2 1 0 0 38
6月 20 213 17 18 11 44 40 25 5 7 7 0 0 1 1 2 0 0 35
7月 22 238 18 19 21 46 40 30 4 8 15 2 0 1 2 0 0 0 32
8月 22 242 11 25 22 48 44 34 1 11 8 7 0 1 1 2 1 1 25
9月 19 212 12 20 18 31 43 32 0 9 7 7 0 1 2 0 1 1 28
10月 22 260 19 29 28 42 47 32 0 11 10 8 1 1 2 2 0 2 26
11月 20 216 9 20 18 33 43 34 0 10 10 2 1 2 0 0 1 1 30
12月 19 203 19 23 16 28 38 22 2 13 10 1 0 1 2 2 0 1 27
2014 1月 19 224 18 30 31 30 45 26 2 8 8 0 0 0 0 1 2 0 23
2月 19 204 19 26 18 26 34 33 1 9 8 1 0 0 2 1 0 0 26
3月 20 214 16 21 26 27 38 32 3 13 8 2 0 0 1 1 2 1 23
合計 2,703 197 273 238 450 492 360 29 114 104 30 2 11 17 13 7 7 359
2012年度は、全科合計2,594件→1年で109件の増加

スタッフ一覧

役割 職種 氏名 専門領域 資格
部長 教授 柴田 浩行 臨床腫瘍学講座
腫瘍内科
日本臨床腫瘍学会・がん薬物療法専門医
日本臨床腫瘍学会・認定指導医
日本臨床腫瘍学会・暫定指導医
日本がん治療認定医機構・がん治療認定医
日本内科学会・認定内科医
日本内科学会・指導医

以下のスタッフで外来化学療法室での診療に従事しています。

化学療法部部長 柴田 浩行
化学療法部副部長 1名
がん化学療法看護認定看護師 1名
専任看護師 2名
専任薬剤師 1名
兼任薬剤師 3名

ホームページアドレス

http://www.med.akita-u.ac.jp/~medonco/

このページの先頭へ