救急部Division of Emergency Medicine

診療内容・特色

 秋田大学医学部附属病院は、秋田県の救急医療体制の中で三次救急医療を担当する施設です。また災害医療体制の中では、県内唯一の基幹災害医療センターとして、重症患者を受け入れ治療する役割を担っています。この医療体制の中で、救急部は「病院の入口」としての機能を持ち、各診療科医師の協力のもと、24時間365日対応可能な診療体制を構築しています。緊急処置を有する患者の受け入れは、消防機関からの要請専用携帯電話で医師が応答しています。看護体制は集中治療部と連携した体制であり、昼夜を問わず2名の看護師が常勤をしています。

 秋田県は2012年1月にドクターヘリを導入しました。当院は2014 年5月から新ヘリポートでドクターヘリを受け入れています。新ヘリポート運用開始後、ドクターヘリによる搬送例は急激に増えています。今後も三次救急医療機関や基幹災害医療センターとしての期待にお応えできるよう努めていきます。

 当院救急部は救急科専門医指定施設、熱傷専門医認定研修施設であり、これらの専門医取得を支援しています。また、厚生労働省指定の災害派遣医療チームDMAT(disaster medical assistance team)の編成においても中心的に関与しています。

診療実績

2016年度 救急部利用件数
2016年度
救急部利用件数総数 6,344
救急車搬送件数 1,558
ドクターヘリ搬送件数(ヘリポート未設営) 16
救急車、ドクターヘリ以外による来院件数 4,754
2016年度救急部利用患者重症度(総数6,344件)
重症度 件数 割合
軽症 4,848 76.42%
中等症 1,071 16.88%
重症 197 3.11%
妊娠入院 177 2.79%
死亡 51 0.80%
2016年度主な診療実績
件数
来院時心肺停止 59
交通外傷 86
熱傷 8
急性薬物中毒 25
急性心筋梗塞 35
急性大動脈解離・腹部動脈瘤破裂 75
2016年度診療科別利用患者件数(総数6,344件)
診療科毎 件数
救急部 2,196
第一内科 消化器内科 275
神経内科 70
第二内科 循環器内科 244
呼吸器内科 101
第三内科 血液内科 97
腎臓内科 22
リマウチ科 51
糖尿病・内分泌内科 60
第一外科 94
第二外科 呼吸器外科 42
食道外科 70
乳腺・内分泌外科 43
放射線内科 3
産科婦人科 産科 290
婦人科 118
心臓血管外科 121
脳神経外科 171
小児外科 70
小児科 517
精神科 258
整形外科 177
皮膚科 146
泌尿器科 216
眼科 330
耳鼻咽喉科 235
歯科口腔外科 287
心療センター 1
麻酔科 3
腫瘍内科 36
総数 6,344

主な設備あるいは検査等可能な項目

  1. 心停止・呼吸停止症例
    1. 蘇生後ショック症例:経皮的心肺補助法PCPS
    2. 蘇生後脳症に対する脳低体温療法
  2. 損傷症例
    1. 多発外傷症例:呼吸・循環管理
    2. 熱傷症例広範囲重度症例に対する集中治療および同種・培養皮膚移植
    3. 急性中毒症例 原因物質究明および血液浄化療法を含めた集中治療
    4. 環境異常による症例
      1. 熱中症:DIC対策を含めた集中治療
      2. 偶発性低体温症:体外循環も視野に入れた加温
  3. 臓器不全症例
    1. 呼吸不全症例
      1. 気道確保:非挿管・喀痰吸引・気管挿管・気管切開その他
      2. 気道内圧治療:PEEP・CPAPなど
      3. ventilator装着による強制換気
      4. 一酸化窒素療法
    2. 循環不全症例
      1. 循環作動薬
      2. 大動脈内バルーンパンピング法IABP
      3. 経皮的心肺補助法PCPS
    3. 肝・腎不全を含めた代謝障害症例
      1. 血液浄化療法:CHDF・High-flow HDF・血漿交換を含む
      2. 肝補助療法
    4. 敗血症症例
      1. 吸着療法を含む血液浄化療法
      2. 抗サイトカイン療法

スタッフ一覧

役割 職種 氏名 兼務・所属 資格
部長 教授 中永士師明 救急・集中治療医学 日本救急医学会指導医
日本集中治療医学会専門医
日本整形外科学会専門医
日本熱傷学会専門医
日本東洋医学会指導医
日本外傷学会専門医
副科長 講師 奥山学 救急集中治療部 日本外科学会認定医・専門医・指導医
日本消化器外科学会専門医・指導医
日本救急医学会専門医
医員 菊谷祥博 日本救急医学会専門医
日本内科学会認定医
医員 佐藤佳澄

このページの先頭へ