医療安全管理部Division of Medical Security and Patient Safety

特色

 医学と医療の分野はめざましい勢いで進歩しておリ、日本の医療はまさしく世界の最先端を走っていると言っても過言ではあリません。一方、安全な医療を行うシステムという点においては、欧米諸国に比べ日本は遅れていると言わざるを得ません。一つの医療事故はこれまで積み重ねてきた信頼を打ち消してしまうだけでなく、患者さん、ご家族、そして事故の当事者(医療従事者)にも大きな苦しみを与えます。当部門は、医療事故などの防止と患者さんの安全性を確保するために、2001年5月に医療安全管理室として発足し、2009年4月に医療安全管理部へ名称が変更され現在に至っております。当院では組織横断的に病院全体の医療安全管理を行うことを目指し、2010年2月からは医師General Risk Manager(GRM)が配置され、重大な医療事故につながりやすい医師の診療領域においても、迅速かつ適確な対応を努めております。また、インシデントの約半数は薬剤に関連した事例であることから、2012年4月からは、全国的にも数少ない薬剤師GRMも配置されております。スタッフ一丸となって、医療事故を最小限にとどめるシステム作りや教育活動を行うことで、当院の医療安全が高いレベルに維持されるよう、日々取り組んでおリます。


研修会の様子

活動内容

 医療安全管理部では各部門のリスクマネジャーと協力して、医療安全の確保と医療の質の向上を図るために以下の業務を行っております。

  1. 医療安全管理のための指導や職員研修の企画・開催
  2. 医療安全対策マニュアルの作成・周知・見直し
  3. 病院各部門の巡回、医療安全対策の実施状況の把握
  4. インシデント報告の調査・分析・改善策の立案
  5. 医療安全管理部担当者会議、リスクマネジャー会議の運営
  6. 診療記録・看護記録の記載確認や必要に応じた指導
  7. 患者さんやご家族への説明など、事故への対応の指導

診療実績

  1. 年間約4,000件のインシデント報告を収集・分析(図)
  2. 全職員を対象に院内研修会を年5回以上企画・開催(写真)
  3. 安全管理に対する職員への周知及び意識の啓発のため、毎月「医療安全ニュース」を発行
  4. 2016年度は7件の事例を、医療安全管理委員会で検討

年度 (西暦) 件数
H16 2004 2,402
H17 2005 2,429
H18 2006 2,613
H19 2007 2,691
H20 2008 3,426
H21 2009 3,424
H22 2010 3,420
H23 2011 3,735
H24 2012 4,080
H25 2013 3,873
H26 2014 3,778
H27 2015 4,086
H28 2016 4,974

スタッフ一覧

役割 氏名 兼務
部長 清水 宏明 副病院長
副部長・GRM 小坂 俊光 医療安全管理部准教授
GRM 坂谷 慶子 看護師長
担当者 豊野 学朋 小児科医師
担当者 打波 宇 消化器外科医師
担当者 大塚 悦子 副看護部長
担当者 藤島 直仁 輸血部副部長
担当者 新岡 丈典 副薬剤部長
担当者 小林 則子 中央検査部技師長
担当者 堀口 剛 中央手術部副部長
担当者 大佐賀 敦 医療情報部副部長
担当者 中村 美央 院内感染管理者
担当者 小林 一俊 医事課医療サービス室長
担当者 高野 裕史 歯科口腔外科医師
担当者 亀岡 吉弘 血液・腎臓・リウマチ科医師
担当者 蓮沼 直子 皮膚科医師
担当者 秋山 みどり 地域医療患者支援センター担当看護師長
担当者 内山 文子 医療安全管理部担当副看護師長
担当者 小松 斉 中央放射線部技師長

このページの先頭へ