看護部Division of Nursing

特徴

 看護部は、院内で最も多くの職員が所属している部門です。病院には多くの専門職がいる中で、24時間患者さんを見守っている看護師は、常に患者さんの視点に立って看護ケアを提供するように心がけています。
 助産師外来では、産後1ヶ月検診を助産師が行っています。助産師が担当することで、産後の悩みや相談に時間をかけて対応することができ、褥婦さんに喜ばれています。
 がん看護外来ではがん看護専門看護師・緩和ケア認定看護師が、がんと診断を受けた患者さん・家族からの様々な相談に応じ、がんと共に生きるための意思決定支援に力を注いでいます。また、外来化学療法室には、がん化学療法看護認定看護師が専従で勤務し、がん患者さんが苦痛なく治療を受けて頂けるよう支援をしています。
 看護師が主に活動している組織横断的チームとしては、褥瘡対策チーム、緩和ケアチームがあります。褥瘡対策チームでは、皮膚・排泄ケア認定看護師が褥瘡の適切な処置や治療を支援しています。緩和ケアチームでは、緩和ケア認定看護師・がん看護専門看護師が患者さんらしい生き方や望む治療について患者さんや病棟スタッフと共に考え活動しています。
 現在、専門看護師1名、認定看護師12名が在籍し、看護部内だけでなく院内多職種の研修や現場の指導、院外の研修の講師として幅広く活躍しています。
 その他にも、感染制御部、医療安全管理部、地域医療患者支援センター・がん相談支援センター、緩和ケアセンター、医療情報部、臨床研究支援センターに専従の看護師を配置し、多職種のコーディネーター役としてチーム医療の推進に努めています。

理念・目標

理念

  1. 人間愛のある看護をします。
  2. 看護職として主体性を持ち、自己実現を図ります。
  3. 看護実践の水準を高める教育、研究に努めます。
  4. 大学病院の使命を認識し、地域社会に貢献します。

目標

  1. 医療人として誇りのもてる職場環境をつくります。
  2. 私たちの関わるすべての対象者に満足のいくサービスを提供します。
  3. 対象者や地域の人々に選ばれる病院にします。

ホームページアドレス

http://www.hos.akita-u.ac.jp/kango/

このページの先頭へ