栄養管理部Division of Nutrition Management

活動内容・特色

 栄養管理部は、フードサービスとクリニカルサービスを連携させてマネジメントすることで、治療効果の向上を図ることを目的として活動しています。安全で満足度の高い治療食の提供や栄養指導・栄養サポートチームによる栄養管理、合併症の予防、ひいては生命予後およびQOLの改善につながる取り組みを行っています。

  • フードサービス
  •  入院患者さんの食事を管理・運営しており、患者さんの病態に応じた個別対応食と、選択メニューや行事食など季節感あふれるメニューの提供を心がけています。また厚生労働省通知の「大量調理施設衛生管理マニュアル」を基本とし、衛生的で安全な食事の提供に努めています。

  • クリニカルサービス
  •  入院患者さんの栄養スクリーニング、アセスメントを行い、栄養不良もしくは栄養不良のリスクを有する場合に、栄養ケアプランの作成を行っています。リスクがないと判断された場合についても定期的にスクリーニングを行い、継続的な栄養管理を行っています。また多職種で栄養状態の改善を図っていく栄養サポートチーム(NST)を組織し、褥瘡対策チームや感染対策チーム、緩和ケアチームとも連携し、栄養面から治療効果向上の支援に取り組んでいます。外来・入院患者さんに対しては、医師の指示に基づきそれぞれの病態に応じた個別指導を行っています。外来糖尿病腎症の患者さんに対し、医師、看護師と連携し糖尿病透析予防指導を行っています。

  • その他
  •  またNST研修会を年6回開催し、知識の習得や院内外スタッフへの情報提供を行っています。県内外の栄養士・管理栄養士養成施設校より実習生の受け入れを行っています。患者さん、職員を対象とした情報誌「えいよう」を毎月1回発行しています。

入院・外来栄養指導
実施日 月~金曜日
時間 9:00 ~ 16:00
チーム医療
活動内容 実施日
NSTカンファレンス・回診 火曜日
NST担当者会議 奇数月/最終月曜日
NST研修会 偶数月/最終月曜日
褥瘡カンファレンス・回診 毎週木曜日
糖尿病・内分泌代謝科カンファレンス 毎週水曜日
血液内科カンファレンス
歯科口腔外科カンファレンス 毎週金曜日
糖尿病透析予防指導 随時

栄養指導件数・NST介入件数

入院栄養指導件数(2016年度)

入院栄養指導件数

外来栄養食事指導件数(2016年度)

外来栄養食事指導件数

NST介入件数

NST介入件数

入院時栄養管理に関するフローチャート

情報誌「えいよう」

行事食

小児行事食「子供の日 リラックマ」
小児行事食
「子供の日 リラックマ」
小児行事食「子供の日 クリスマス」
小児行事食
「クリスマス」
地産地消行事食「皐月膳」
地産地消行事食
「皐月膳」
出産お祝い食(天ぷら)
出産お祝い食
(天ぷら)
小児行事食「ハロウィン」
小児行事食
「ハロウィン」
小児行事食「お月見」
小児行事食
「お月見」
地産池消行事食「秋の便り膳」
地産池消行事食
「秋の便り膳」
出産お祝い食(グラタン)
出産お祝い食
(グラタン)
行事食「お花見膳」
行事食
「お花見膳」
行事食「土用の丑の日」
行事食
「土用の丑の日」
地産地消行事食「ハタハタ膳」
地産地消行事食
「ハタハタ膳」
出産お祝い食(ステーキ)
出産お祝い食
(ステーキ)

※出産お祝い食は3つのメニューから選んでいただいております

スタッフ一覧

役割 職種 氏名 専門領域 資格
部長 教授 山田 祐一郎 内分泌・糖尿病
老年病
日本内科学会総合内科専門医・指導医
日本糖尿病学会専門医・指導医
日本内分泌学会内分泌代謝科専門医・指導医
日本老年医学会専門医・指導医
日本病態栄養学会病態栄養専門医・指導医
副部長 講師 藤田 浩樹 内分泌・糖尿病
老年病
日本内科学会総合内科専門医・指導医
日本糖尿病学会専門医・指導医
日本内分泌学会内分泌代謝科専門医・指導医
  栄養士長 中山 眞紀   管理栄養士
NST専門療法士
病態栄養認定管理栄養士
日本摂食嚥下リハビリテーション学会認定士
  主任栄養士 若松 麻衣子   管理栄養士
NST専門療法士
病態栄養認定管理栄養士
がん病態栄養専門管理栄養士
    齊藤 美保子   管理栄養士
NST専門療法士
病態栄養認定管理栄養士
糖尿病療養指導士
がん病態栄養専門管理栄養士
    柳田 仁子   管理栄養士
NST専門療法士
病態栄養認定管理栄養士
    渡邊 麻未   管理栄養士
秋田県糖尿病療養指導士
    渡邉 香里   管理栄養士
    寺田 桃子   管理栄養士

このページの先頭へ