周産母子センターPerinatal Medical Center

診療内容・特色

 切迫早産、妊娠高血圧症候群、胎児先天性疾患、母体合併症妊娠などのハイリスク妊娠の周産期医療(妊娠・分娩・産褥管理、新生児管理)を行っています。小児科、小児外科、NICU、各科、各部門と連携を取り、胎児先天性疾患を有する妊娠、専門性が高い各科の疾患の合併症妊娠などを県内の各施設より受け入れています。2014年4月より地域周産期母子医療センターに認定され、総合・地域周産期母子医療センター、周辺施設と連携を取りながら、緊急度、重症度が高い母体・胎児疾患の救急搬送・紹介の受入を常時行っています。また、近年では、周辺地域の分娩取扱い施設の減少により、正常妊娠・分娩の取扱い数が増加しています。そのため、正常妊婦・褥婦・新生児のケアーにも力を注いでいます。外来診療は、月、火、水、金躍が産科外来、木躍が助産師一ヶ月健診、助産師母乳外来です。新患は月、火、水曜で、地域連携室を介したFAX予約制です。羊水染色体検査は予約制です。日本産科婦人科学会認定産婦人科専門医による診療を基本としています。病棟診療は、月曜午後が教授回診、月曜13時30分から小児科NICU医師、助産師、看護師、臨床心理士との力ンファレンスを行っています。


命のめばえ


新生児室


超音波器機

取り扱う主な疾患

産科疾患
  • 切迫早産
  • 早産
  • 前期破水
  • 妊婦高血圧症候群
  • 妊婦糖尿病
  • 羊水過多
  • 過少
  • 絨毛羊膜炎
  • 母体産科出血
胎児疾患
  • 胎児先天性疾患( 胎児先天性心疾患、染色体異常、消化管疾患、腎疾患、水頭症、先天性横隔膜ヘルニア、胎児腫瘍 )
  • 胎児水腫
  • 胎児感染
母体合併症妊娠
  • 糖尿病合併妊娠
  • 高血圧合併妊娠
  • 心疾患合併妊娠
  • 血液疾患合併妊娠
  • 内分泌疾患合併妊娠
  • 悪性疾患合併妊娠
  • 血液型不適合妊娠

取り扱う主な設備

分娩室は2部屋あり、トイレ付のLDR(陣痛分娩室)形式です。分娩台は開閉式で、陣痛待機の間はベッドとして、分娩時は分娩体位をとって、分娩台として使用できます。分娩室には夫の方は入室することができます。ご希望により陣痛の際の付添や、立会い分娩が可能です。分娩室内に保温式新生児処置台があり、分娩直後は母の目が届く位置で新生児の処置を行います。

胎児心拍陣痛モニターは妊婦さんと胎児の状態をみる検査です。セントラルモニタリングシステムが導入されており、分娩室、ナースステーションで観察が可能であり、さらに病院のPC端末でも常時観察することができます。

新生児室側は、暗証番号による開閉式ドアと24時間式の監視カメラによってセキュリティを保っています。新生児室では、助産師から赤ちゃんの沐浴、授乳などの育児指導が行われています。

主に妊婦さんが入る4人部屋が2つ、産後の褥婦さんが入る4人部屋が1つ、個室が1つ、シャワートイレ付の個室が3つ、準個室が4つあります。その他、婦人科病床と連携をとってベッドコントロールを行い、夜間・休日の緊急入院や、県内各施設からの妊産褥婦救急搬送の受入れに対応しています。

超音波検査器機は、ME室(陣痛室)に1台あり、入院中の妊婦さんの腹部超音波検査に使用しています。また、分娩室の1台は、分娩時の母体・胎児の急変の際や、県内の各施設から搬送される救急母体搬送の対応の際に使用しています。

診療実績

2016年度
1.分娩数 分娩母体数 362
分娩児数 366
2.新生児出生体重別分布 出生体重(g) 出産児数 (%)
~999 4 1.0
1000~1499 4 1.0
1500~2499 56 15.3
2500~3999 299 81.7
4000~ 3 1.0
366 100.0
3.分娩様式別分布 分娩様式 分娩児数 (%)
帝王切開術 107 29.2
自然分娩 211 57.7
吸引分娩 46 12.5
かん子分娩 1 0.3
その他 1 0.3
366 100.0

スタッフ一覧

役割 職種 氏名 専門領域 資格
センター長 教授 寺田 幸弘 生殖生理学
内視鏡手術
日本産科婦人科学会専門医
日本産科婦人科学会指導医
日本生殖医学会指導医
日本生殖医学会生殖医療専門医
日本産婦人科内視鏡学会技術認定医
医師臨床研修指導医
日本生殖医学会生殖医療専門医
生殖医療に関する遺伝カウンセリング受入れ可能な臨床遺伝専門医
日本女性医学学会女性ヘルスケア暫定指導医
がん診療に携わる医師に対する緩和ケア研修会修了
da Vinci サージカルシステム トレーニング用シミュレータ da Vinci トレーナー インストラクター
腹腔鏡シミュレータ LAP MentorII インストラクター
出産シミュレータ SIMone インストラクター
子宮鏡ハンズオントレーニングシミュレータ HystSim インストラクター
副センター長 准教授 佐藤 朗 周産期医学 日本産科婦人科学会専門医
日本産科婦人科学会指導医
日本周産期・新生児医学会周産期専門医(母体・胎児)
臨床遺伝専門医
新生児蘇生法インストラクター
医師臨床研修指導医
ALSO‐Japanインストラクターキャンディデイト
出産シミュレータ SIMone インストラクター
子宮鏡ハンズオントレーニングシミュレータ HystSim インストラクター
  助教 三浦広志   日本産科婦人科学会専門医
日本産科婦人科学会指導医
日本周産期・新生児医学会周産期専門医(母体・胎児)
臨床遺伝専門医
がん診療に携わる医師に対する緩和ケア研修会修了
ALSO‐Japanインストラクター
新生児蘇生法インストラクター
医師臨床研修指導医
出産シミュレータSIMoneインストラクター
子宮鏡ハンズオントレーニングシミュレータHystSimインストラクター
  医員 亀山沙恵子   日本産科婦人科学会専門医
新生児蘇生法「専門」コース修了
ALSO‐Japanプロバイダーコース修了
  医員 高橋玄徳  
  医員 岡部基成  

ホームページアドレス

http://www.med.akita-u.ac.jp/~obgyn/

このページの先頭へ