リハビリテーション科/リハビリテーション部Rehabilitation Medicine / Division of Rehabilitation

診療内容・特色

 リハビリテーションでは、臨床各科から依頼を受けて専任医師がリハ処方を行い、専門的なリハビリテーション治療を実施しています。対象としている主な疾患は、脳卒中、脳腫瘍、脳性麻揮などの脳疾患、筋萎縮性側索硬化症、多発性硬化症、脊髄小脳変性症などの神経疾患、脊髄腫瘍、脊柱変形、椎間板ヘルニア、腰椎すべり症などの脊椎・脊髄疾患、変形性関節症、四肢切断、手の外傷、リウマチ、スポーツ障害、交通外傷などの整形外科疾患、肺気腫などの呼吸器疾患、心筋梗塞、狭心症などの循環器疾患、糖尿病、肥満などの内分泌疾患、その他多くの小児疾患など多岐にわたっています。

 当科の特色として、機能的電気刺激(functional electrical stimulation; FES)による治療があります。FESは、脳卒中や脊髄損傷などにより麻揮した手足を電気刺激により動かす治療法で、整形外科と共同して最新の表面電極FES装置による治療に取り組んでいます。また、近年脳疾患などへの臨床応用が進みつつある反復経頭蓋磁気刺激を導入し、治療への取り組みを進めています。


新型の表面電極FES装置


反復経頭蓋磁気刺激装置

取り扱う主な疾患(施設基準)

  • 心大血管疾患リハビリテーション(I)
  • 脳血管疾患等リハビリテーション(II)
  • 廃用症候群リハビリテーション(II)
  • 運動器リハビリテーション(I)
  • 呼吸器リハビリテーション(I)
  • がん患者リハビリテーション

診療実績

2016年度疾患別平均延べ人数(一月あたり)
脳卒中その他脳疾患・脳外傷 133名
脊髄損傷とその他脊髄疾患 108名
リウマチを含む骨関節疾患 506名
脳性麻痺を含む小児疾患 14名
神経筋疾患 15名
切断 10名
呼吸・循環器疾患 367名
その他 108名

スタッフ一覧

役割 職種 氏名 専門領域 資格
部長 教授(併任) 島田洋一 整形外科
リハビリテーション科
整形外科専門医
リハビリテーション専門医
副部長 准教授 松永俊樹 リハビリテーション科 整形外科専門医
リハビリテーション専門医
助教 齊藤英知 整形外科 整形外科専門医
医員 斉藤公男 整形外科
リハビリテーション科
整形外科専門医
リハビリテーション専門医
理学療法士 畠山和利
渡邉基起
髙橋裕介
須田智
作業療法士 千田聡明
加賀美 開

このページの先頭へ