秋田県がん診療連携協議会

緩和ケア・教育研修部会

平成26年度 秋田県単位型緩和ケア研修会の標準単位表 (PDF版)

区分 研修内容 単位 (時間)
1 がん性疼痛の機序・評価・WHO方式によるがん性疼痛治療法の概略【講義】 (プレテスト・解説を含む) 0.5単位以上
(45分以上)
2 がん性疼痛の治療法の実際【講義】(プレテスト・解説を含む) 0.5単位以上
(45分以上)
3 がん性疼痛について【ワークショップ】  
(参加者の緊張を解くことに配慮し、「アイスブレーキング」を効果的に使うこと。)  
 ア グループ演習による症例検討(1)
  ・がん性疼痛を持つ患者の評価と治療  
 イ グループ演習による症例検討(2)
  ・がん性疼痛に対する治療と処方の実際  
 ウ グループ演習による症例検討(3)
  ・医療用麻薬を処方する際の障害の検討  
 エ ロールプレイングによる患者への説明
   「医療用麻薬の誤解を解く」、「医療用麻薬の副作用と対策の説明を行う」等 
2単位以上
(180分以上)
4 呼吸困難、消化器症状等の身体症状に対する緩和ケア【講義】(プレテスト・解説を含む) 0.5単位以上
(45分以上)
5 不安、抑うつ及びせん妄等の精神症状に対する緩和ケア【講義】(プレテスト・解説を含む) 0.5単位以上
(45分以上)
6 がん医療におけるコミュニケーション技術【講義】 (プレテスト・解説を含む) 0.5単位以上
(45分以上)
7 がん医療におけるコミュニケーション技術【ワークショップ】
 ア グループ討論による患者への悪い知らせの伝え方についての検討
 イ ロールプレイングによる患者への悪い知らせの伝え方についての演習
1.5単位以上
(120分以上)
8 全人的な緩和ケアについての要点【講義】 0.5単位以上
(45分以上)
9 放射線療法や神経ブロックの適応も含めた専門的な緩和ケアへの依頼の要点【講義】 0.5単位以上
(45分以上)
10 がん患者の療養場所の選択及び地域連携についての要点【講義】 0.5単位以上
(45分以上)
11 在宅における緩和ケアについての要点【講義】 0.5単位以上
(45分以上)
※8~11については、他の研修内容と併せて実施しても可 8単位以上
(720分以上)