秋田県がん診療連携協議会

一般の方へ

治療を受ける際に

がんに対する治療を受けるにあたって大切なことがら(キーワード)について説明します。

セカンドオピニオン

セカンドオピニオン

診断や治療方針について、主治医以外の医師の意見を患者さん自身が聞くことを言います。治療方針の決定はがんの種類、進行度、全身状態、合併症の有無などの影響を受けるため、医師によって治療方針が少し異なることがあります。もし最初に言われた治療方針について気になることがあるようでしたら、治療が開始される前にセカンドオピニオンをもらいたいと主治医に伝えるべきです。二人の医師の意見が同じであれば納得して治療を受けることができます。もちろん、いつもセカンドオピニオンが必要なわけではありません。

セカンドオピニオンでは新たな検査や治療は行いません。主治医からの紹介状や検査結果などをもとに意見を聞くことができます。セカンドオピニオンは原則として自由診療、すなわち健康保険の適用外ですが、かかる費用は医療費控除の対象になります。

秋田県がん診療連携協議会では秋田県内でセカンドオピニオンを受けられる医師および医療機関、連絡窓口、料金などに関する情報を収集・整理し、医療機関の相談支援センターに提供しています。窓口のある病院、費用、相談できる内容については秋田県がん診療セカンドオピニオン担当医師一覧をごらんください。

化学療法

化学療法 製剤室

化学療法とは抗がん剤を用いたがん薬物療法をいいます。急性白血病や悪性リンパ腫などは薬物療法のみで治癒する可能性のある病気です。また、乳がんや大腸がんなど手術と化学療法を併用することによって治療効果の向上を期待できるがんもあります。

化学療法は入院で行う場合と、外来で行う場合があります。化学療法の副作用(有害事象)として骨髄抑制、すなわち白血球減少、貧血、血小板減少がよくみられますが、その程度は治療内容によりさまざまで、感染症の治療や輸血などが必要かどうか毎日注意深く観察しなければならないときは入院が必要です。そうでない場合には外来での治療が可能です。最近はがん薬物療法を専門的に外来で行う、外来化学療法室という部署を設置している医療機関も増えてきました。

緩和ケア

がんの進行にともなって生ずるからだの痛み(身体的疼痛)とこころの痛み(精神的疼痛およびスピリチュアルペイン)を我慢することを患者に強いるのではなく、薬物、放射線、局所麻酔薬などを使い、また医療者と患者・家族とのコミュニケーションを図ってより積極的に苦痛を取り除くべきであるということが医療者の間で認識されつつあります。

緩和ケアは終末期のものというイメージが強いのですが、がんと診断されたときから苦痛はあるという認識を医療者は持つべきであると指摘されており、国のがん対策推進基本計画でも10年以内にがん診療に携わるすべての医師が緩和ケアに関する基本的な研修を受けていなければならないと掲げられています。

相談支援

相談支援

がん診療についていろいろな相談ができる相談支援センターは全国のがん診療連携拠点病院にあります。

相談支援センターでは、がんの診療に詳しい看護師や、ソーシャルワーカーなどが質問や相談をお受けしています。あなたが、あるいはご家族ががんと診断されて何か困ったことがあったときには、お近くの地域がん診療連携拠点病院の相談支援センターに連絡を取ってみて下さい。そこですぐに答えを得ることはできないかもしれませんが、あなたが問題を解決するための助言が得られると思います。

の相談支援の連絡先につきましては、こちらの各病院の相談支援センターの連絡先一覧をご覧ください。

医療連携とがん医療の均てん化

全国どこでもがんの標準的な専門医療を受けることができるようにすることをがん医療の「均てん化」といいます。ただし、これはすべての臓器のがん専門医をそろえた総合病院を、すべての地域に設置することではありません。医療資源(人とモノ)は限られているからです。医療機関には診療所から大きな総合病院までさまざまな大きさのものがあり、また医療機関によって得意とする専門領域があります。

「どこに暮らしていても質の高いがん医療が受けられるように」というがん医療の均てん化を推し進めるためには、医療人の育成を行うとともに、医療機関が役割分担をして、患者さんが必要とする医療を適切なタイミングで受けられるように連携体制を強めることが非常に大切です。

厚生労働省の指導により5大がん(胃がん、大腸がん、肺がん、肝がん,乳がん)の地域医療連携が全国的に推進されています。これは、手術をした病院を退院後、手術病院の主治医とお住まいの地域の病院あるいは診療所の主治医(かかりつけ医)二人が協力して治療後の診療を行うというものです。

秋田県がん診療連携協議会では、秋田県共通の5大がん地域連携クリティカルパスを作成しました。このクリティカルパスは医療者用のものと患者さん用のものがあります。

患者さん用のものは、「私のカルテ」の名称で、治療後に病院主治医から手渡されます。 「私のカルテ」には、治療内容や既往歴などの情報、治療後の病院受診予定と検査予定が記入されます。患者さんは、病院受診時この「私のカルテ」を携行し、二人の主治医との連絡帳としても使用されます。

このようにして、5大がんについては、「私のカルテ」を用いて手術後の地域医療連携が行われます。  「私のカルテ」については、こちら[PDF]をご覧下さい。