当センターについてAbout us

外観

センター長写真

地についた卒後臨床研修を秋田大学医学部附属病院で

秋田大学医学部附属病院
総合臨床教育研修センター長  中山 勝敏

医療にはHumanity・Art・Science(心技体)が必要です。我々医師は、この3つを高める必要があります。我々は生涯、向上心を持ち続け、目の前の患者様にとってベストとなる医療を提供し、実行することを責務とするべきです。単なる技術や知識の向上を求めても、患者様にとってはベストの医療に結びつかないことはよく知られていることです。豊かな人間性に裏打ちされた心が必要です。医師としてのスタートにあたる初期臨床研修・後期臨床研修は非常に大切ですが、単に技術や知識の習得のみを目的とせず、医療人としての人間形成を考えれば、マラソンに近い生涯教育やキャリア形成のなかで、大学を中心とした研修の意義は非常に大きいと考えます。 医師としての生涯教育やキャリア形成のなかでは初期臨床研修や後期臨床研修はマラソンでいえば"スタジアムの中"とも言えます。最初の走りは大切ですが、その後にどのような走りをするかが最も重要であり、とくに初期臨床研修はその準備段階と捉えるのも重要な考え方です。秋田大学医学部附属病院のスタッフは若手医師を初期臨床研修・後期臨床研修のみならず、その後の教育やキャリア形成の面でも厚く支援することを約束します。さらには臨床研修の枠を超えた教育やその後のキャリア形成には秋田大学大学院医学系研究科の基礎系部門のスタッフや教職員も大きな助けになります。

また秋田大学医学部附属病院の卒後臨床研修プログラムは自由裁量が大きく、各研修医の希望や指向にあわせて大学病院での研修にこだわることなく、協力病院での研修を大いに活用できますので、自分なりの素晴らしいプログラムをプラン、達成できることになります。もちろん、技術や知識の習得に対しても秋田大学医学部附属病院では東日本でも最大規模のシミュレーション教育センターやあきた総合センター、県内の研修協力病院の協力を得て、基本的技術や知識の習得にあたり、研修医が実際に手や五感を使って実践する機会は多く持てるはずです。
秋田県には良い意味で鷹揚な風土が残っています。患者様の温かい視線・ぶれない思考・敬虔な態度は我々医療を提供する側には非常に励みになります。秋田県は少なくとも仕事・医療・研究や充実したプライベートライフを満喫するうえで、非常に良い地域ではないでしょうか?秋田大学医学部附属病院での卒後臨床研修プログラムに是非参加されて、病める人々に対してHumanity・Art・Scienceを兼ね備えた全人的医療を行う医療人になれるよう、私どもと共に学び、研鑽していただきたいと強く希望します。

当センターの概要

役割 職種 氏名
センター長 教授 中山勝敏
副センター長 教授 長谷川仁志
副センター長 教授 安藤秀明
副センター長 教授 髙橋直人
特任准教授 守時由起
特任講師 岡﨑三枝子

当センターの概要センター写真

秋田大学医学部附属病院 総合臨床教育研修センター

名称 秋田大学医学部附属病院 総合臨床教育研修センター
所在地 〒010-8543 秋田県秋田市広面字蓮沼 44-2
センター長 中山 勝敏
電話番号 018-884-6233
FAX番号 018-884-6457
メールアドレス kenshuu@hos.akita-u.ac.jp
サイトURL https://www.hos.akita-u.ac.jp/departmentlist/cmet/
  • メッセージMessage from the Director

    メッセージ
  • センターについてAbout Us

    センターについて
  • お問い合わせContact

    お問い合わせ
  • 各種お知らせInformation

    各種お知らせ
  • サイトマップSiteMap

    サイトマップ
  • リンク集Links

    リンク集