看護師

私が働いている病棟では、急性期の患者さんが多いため、急な状態変化に臨機応変に対応し、細かくアセスメントすることが求められる現場です。知識や経験で未熟なところもありますが、日々勉強し知識の向上に努めています。緊張感が高く、変化の早い日々についていくのが大変な時もありますが、患者さんが徐々に回復していくところを側で見られることにやりがいを感じています。(脳神経外科・皮膚科病棟)

出身校:秋田県立衛生看護学院

私の所属する病棟は、手術をして順調に回復する人もいれば、診断がつかない、治療方法がない、話せなくなる不安を抱える人もいます。初めて戸惑うばかりでしたが、毎日が新鮮で充実しています。患者さんとの関りで学ぶことも多くあり、人としても成長できる素敵な職業だと感じています。(整形外科・神経内科病棟)

出身校:日本赤十字秋田看護大学

私は全身麻酔で手術を行う患者さんを担当させていただくことが多くあります。術後の経過を見て関わっていくことはもちろん、疾患や治療に対して抱える患者さんの想いと向き合うことにも日々の難しさを感じていますが、多面的にサポートできるよう意識しており、退院の時に見せて頂ける笑顔を糧に頑張ることができています。今後も一人ひとりの患者さんとの関わりを大切にしながら学びを深めていきたいです。(泌尿器科・糖尿病内科病棟)

出身校:秋田大学医学部保健学科

この病院で働き始めて2年目となりました。私は現在精神科で働いております。1年目は、わからないばかりで不安でいっぱいでしたが、先輩方から仕事面、そして精神面を支えていただき、安心して仕事ができました。そして2年目の現在は日々新たな気づきがあり、それに柔軟に対応できるよう頑張っています。自身が大切にしたいと思う患者さんの思いに寄り添った看護ができるように今後も精進していきたいです。(精神科病棟)

出身校:秋田大学医学部保健学科

循環器・心臓血管外科の病棟で3年目になります。急性期の病棟で術後の患者さんが多く、展開の早い病棟ですが、日々のリハビリで患者さんが元気になっていく姿を見ると、やりがいや学びを感じることができます。先輩からのサポートを受けながら、たくさんの学びや技術を経験できています。これからも患者さんとの出会いを大切に頑張りたいです。(循環器内科・心臓血管外科病棟)

出身校:日本赤十字秋田看護大学

私が働く産婦人科病棟では、妊産褥婦さんだけでなく女性特有の疾患を持つ患者さんとも関わることができます。経験豊富な先輩方から指導をもらいながら、様々な視点から女性への看護を学ぶことができることが魅力だと感じています。時間帯を問わず分娩や手術などがあり多忙な日々ではありますが、助産師として女性の一生を支えることに関わることができ、大きなやりがいを感じて働いています。(産科・婦人科病棟)

出身校:札幌市立大学 助産学専科

私は耳鼻咽喉科・呼吸器内科の混合病棟に所属しています。急性期・慢性期・終末期と多岐に渡るため、患者さん一人ひとりの生活を見据えた看護をすることができ、とてもやりがいを感じています。知識や技術はまだまだ未熟ですが、先輩方の手厚いサポートのもと、患者さんに寄り添える看護師を目指し、日々頑張っています。(耳鼻咽喉科・呼吸器内科病棟)

出身校:秋田看護福祉大学

私の働く病棟は慢性期の患者さんが多く、多職種と連携して継続した看護に取り組んでいます。教育体制が充実しているので、看護師が成長できる環境が整っており、現場では先輩方から丁寧なアドバイスをもらうことができるため、仕事面だけではなく精神面のサポートも感じています。まだまだ未熟ですが、患者さんから感謝の言葉を頂き充実した日々を過ごすことができています。(血液内科・腎臓内科・リウマチ内科病棟)

出身校:弘前大学

育児休暇制度

育児参加休暇を取得して

第二子の誕生後に、2週間の育児参加休業をいただきました。3つ離れた第一子の誕生時も同じ期間いただいています。年度末の忙しい時期ではありましたが、男性看護師の育児参加休業取得は「あたりまえ」になりつつあり、希望を出しやすい環境だったと感じています。長女にとって弟の誕生は嬉しい反面、今までと同じようにお母さんにべったり甘えることも難しくなり、ある意味「試練」のような側面があったと思います。休暇をいただいた事により、自分が第二子の世話や家事をすることができ、長女がお母さんとゆっくり過ごす時間を持つことができました。今ではすっかり面倒見のよいお姉さんとなり、弟を毎日かわいがってくれています。

第一子が第二子を受け入れるという大きなイベントを乗り越えられた事は、育児参加休業により家族みんなで過ごした時間が大きく関与していると思っています。

育児参加休業取得を勧めてくれた師長さん、同僚への感謝の気持ちを忘れることなく、家族と過ごす時間を糧に、日々仕事に励んでいきたいと思います。

私は第1子、第2子の出産後共に3週間の育児参加休暇を取得させていただきました。

はじめは自分が長期の休暇をとることで病棟のスタッフみんなに迷惑をかけるのではないかという思いもありましたが、職場の師長をはじめ、上司、同僚が快く育児参加休暇の取得をすすめてくれたため安心した気持ちで休暇を取得できました。休暇中は、子どもの表情や、発言をいつも以上に見て、感じることができ、育児、家事に集中することができました。

とても幸せな充実した毎日を過ごすことができました。休暇を取得していなかったらこの経験は感じられなかったと思います。育児参加休暇を取得させていただくにあたり、協力していただいた師長、上司、同僚そして看護部に感謝し今後も頑張っていきたいと思います。

育児短時間勤務を利用して

1人目を出産してから、育児短時間勤務制度を利用しています。気軽に両親からの支援を受けられる距離ではなく、また夫の仕事時間も夜遅いため、私がフルタイムで働くことは難しい現状にありました。

現在は2人の子育てをしながらICUで勤務しています。15時まで患者さんを担当し、その後は引き継ぎ・退勤という形で調整してもらっています。ICUでは日々学ぶ事も多く、知識・技術ともに向上していかなければという刺激を受けています。

目まぐるしい日々を過ごしていますが、患者さんと関われること、看護を実践することができ、とても充実しています。仕事と家庭のメリハリもつき、やりがいも感じています。短い勤務時間ですが、スタッフの一員として働けること、師長さんをはじめ、周りのスタッフに感謝しています。子ども達と過ごす時間を大切にしながら、仕事との両立を頑張っていきたいです。

私は病棟で育児短時間勤務をしながら3人(小1・年中・1歳)の子育てをしています。平日5日間8時30分から15時15分までの勤務なので、夕方に子どもの病院受診などができて大変助かっています。夫が不規則な勤務のため休日や夜間不在なことが多く、またお互いの実家も遠方であるため夜勤がない育児短時間勤務制度を利用させてもらっています。

5日間連続して勤務するのでチームの患者さんの状態や変化を捉えやすく、経過を把握して日々の看護に臨めることにやりがいを感じています。定時で帰宅できるようチームスタッフの皆さんに担当患者さんを引き継ぎ、調整してもらっています。いつも温かく声をかけてくれるスタッフの皆さんに支えられて日々頑張ることができています。この制度を理解し協力して下さる上司や病棟スタッフの皆さんに本当に感謝しています。毎日あっという間に一日が過ぎていきますが、これからも楽しく子育てと仕事を頑張っていきたいと思います。