医療安全管理部Division of Medical Security and Patient Safety

特色

 高度な医療の提供という点においては、他国と比較してもわが国は優れていると思われます。一方、安全な医療を行ううえでの風土や文化の定着という点では、欧米諸国に対し日本はいまだ追いついていないように感じます。医療の複雑化に伴い、現場では多職種による良好なチームワークが求められますが、リーダーシップやコミュニケーションが十分に機能していないことによる医療上のエラーが少なからず発生しています。患者さんの回復を願い、最善の医療を提供するために日々奮闘する中で生じた医療事故は、これまで積み上げてきた信頼を打ち消してしまうだけではなく、患者さん、ご家族、そして事故の当事者(医療従事者)にも大きな苦しみを与えます。当部門は、医療事故などの防止と患者さんの安全性を確保するために、2001年5月に医療安全管理室として発足し、2009年4月に医療安全管理部へ名称が変更され現在に至っております。構成は、専従の医師1名、看護師2名、薬剤師1名と事務職員1名で医療安全の業務に携わっています。スタッフ一丸となって、医療事故を最小限にとどめるシステム作りや職員に対する教育活動を行うことで、当院の医療安全が高いレベルに維持されるよう、日々取り組んでおります。


研修会の様子

活動内容

 医療安全管理部では各部門のリスクマネジャーと協力して、医療安全の確保と医療の質の向上を図るために以下の業務を行っております。

  1. 医療安全管理のための指導や職員研修の企画・開催
  2. 医療安全対策マニュアルの作成・周知・見直し
  3. 病院各部門の巡回、医療安全対策の実施状況の把握
  4. インシデント報告の調査・分析・改善策の立案
  5. 医療安全管理部担当者会議、リスクマネジャー会議の運営
  6. 診療記録・看護記録の記載確認や必要に応じた指導
  7. 患者さんやご家族への説明など、事故への対応の指導

診療実績

  1. 年間約5,000件のインシデント報告を収集・分析(図)
  2. 全職員を対象に院内研修会を年5回以上企画・開催(写真)
  3. 安全管理に対する職員への周知及び意識の啓発のため、毎月「医療安全ニュース」を発行
  4. 2020年度は8件の事例を、医療安全管理委員会で検討

年度 (西暦) 件数
H16 2004 2,402
H17 2005 2,429
H18 2006 2,613
H19 2007 2,691
H20 2008 3,426
H21 2009 3,424
H22 2010 3,420
H23 2011 3,735
H24 2012 4,080
H25 2013 3,873
H26 2014 3,778
H27 2015 4,086
H28 2016 4,974
H29 2017 4,963
H30 2018 5,037
R1 2019 5,031
R2 2020 5,169

スタッフ一覧

山本 浩史
役割 医療安全管理責任者 兼務 副病院長
小坂 俊光
役割 部長・GRM 専従 医療安全管理部准教授
笹渕 航平
役割 副部長・GRM 専従 薬剤主任
佐々木 ひとみ
役割 副部長・GRM 専従 看護師長
豊野 学朋
役割 担当者 兼務 小児科医師
打波 宇
役割 担当者 兼務 消化器外科医師
山田 楼子
役割 担当者 兼務 副看護部長
藤島 直仁
役割 担当者 兼務 輸血部副部長
赤嶺 由美子
役割 担当者 兼務 副薬剤部長
富谷 陽子
役割 担当者 兼務 中央検査部技師長
安部 恭子
役割 担当者 兼務 中央手術部副部長
大佐賀 敦
役割 担当者 兼務 医療情報部副部長
石川 陽子
役割 担当者 兼務 院内感染管理者
小林 浩悦
役割 担当者 兼務 臨床工学技士長
平元 守之
役割 担当者 兼務 医事課医療サービス室長
高野 裕史
役割 担当者 兼務 歯科口腔外科医師
亀岡 吉弘
役割 担当者 兼務 臨床研究支援センター医師
秋山 みどり
役割 担当者 兼務 地域医療患者支援センター担当看護師長
松渕 さおり
役割 担当者 専任 医療安全管理部担当副看護師長
照井 正信
役割 担当者 兼務 中央放射線部技師長

このページの先頭へ