平成30年度 秋田大学医学部附属病院 病院指標

年齢階級別退院患者数ファイルをダウンロード
年齢区分 0~ 10~ 20~ 30~ 40~ 50~ 60~ 70~ 80~ 90~
患者数 625 396 294 579 881 1313 2531 2573 1184 132
一般病棟の退院患者さんを入院時の満年齢で、10歳刻みの年齢階級別に集計しています。
70歳代が24.5%と最も多く、次いで60歳代が24%で、60歳代と70歳代で約半分を占めています。
診断群分類別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)ファイルをダウンロード
消化器内科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
060100xx01xx0x 小腸大腸の良性疾患(良性腫瘍を含む。)、手術:内視鏡的大腸ポリープ・粘膜切除術、定義副傷病:なし 145 3.88 2.67 0.00% 69.92
060020xx04x0xx 胃の悪性腫瘍、手術:内視鏡的胃、十二指腸ポリープ・粘膜切除術、手術・処置等2:なし 106 10.88 8.52 0.00% 72.72
060340xx03x00x 胆管(肝内外)結石、胆管炎、手術:限局性腹腔膿瘍手術等、手術・処置等2:なし、定義副傷病:なし 96 9.14 10.08 0.00% 75.14
060010xx02x00x 食道の悪性腫瘍(頸部を含む。)、手術:内視鏡的食道粘膜切除術等、手術・処置等2:なし、定義副傷病:なし 76 11.08 9.03 0.00% 69.71
060050xx97x00x 肝・肝内胆管の悪性腫瘍(続発性を含む。)、手術:その他の手術あり、手術・処置等2:なし、定義副傷病:なし 57 9.91 10.42 0.00% 71.74
食道、胃、十二指腸、小腸疾患を対象に診断・治療を行っております。特に最新の高解像診断装置(狭帯域光観察、ハイビジョン拡大観察)により粘膜表面の微細構造や微細血管の観察から早期癌の内視鏡的治療前診断を行った上で、内視鏡的粘膜切除術(EMR)や、内視鏡的粘膜下層切開剥離術(ESD)を用いた治療を積極的に行っております。近年は局所遺残再発食道癌に対して光線力学的療法(PDT)も取り入れています。胆管結石による胆管炎に対しては、低侵襲な胆道ドレナージを心がけており、さらに敗血症などの重篤な症例に対しては夜間、休日でも迅速に対応できるような体制を整えています。腹腔内膿瘍に対しては超音波内視鏡を用いた経消化管的ドレナージなど侵襲の少ないドレナージを行っています。肝癌の治療では、肝細胞癌や転移性肝癌に対して経皮的ラジオ波焼灼療法(RFA)やマイクロ波焼灼療法を積極的に行っており、東北地方の中でも有数の症例数となっています。
循環器内科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
050050xx02000x 狭心症、慢性虚血性心疾患、手術:経皮的冠動脈形成術等、手術・処置等1:なし、1,2あり、手術・処置等2:なし、定義副傷病:なし 90 6.67 4.47 1.11% 72.18
050050xx99100x 狭心症、慢性虚血性心疾患、手術:なし、手術・処置等1:1あり、手術・処置等2:なし、定義副傷病:なし 77 3.75 3.01 0.00% 69.09
050210xx97000x 徐脈性不整脈、手術:あり、手術・処置等1:なし、1,3あり、手術・処置等2:なし、定義副傷病:なし 42 10.07 11.01 21.43% 70.00
050030xx97010x 急性心筋梗塞(続発性合併症を含む。)、再発性心筋梗塞、手術:その他の手術あり、手術・処置等1:なし、1あり、手術・処置等2:1あり、定義副傷病:なし 39 18.08 19.75 12.82% 69.90
050050xx99200x 狭心症、慢性虚血性心疾患、手術:なし、手術・処置等1:2あり、手術・処置等2:なし、定義副傷病:なし 32 3.22 3.15 0.00% 67.84
循環器疾患は、狭心症、心筋梗塞、不整脈、弁膜症、心不全をはじめとする心臓疾患の他、高血圧、動脈硬化など幅広く
診療を行っております。特に虚血性心疾患(急性心筋梗塞・狭心症)に対する冠動脈形成術や、不整脈に対する治療デバ
イス植え込みなどについては県内各地より紹介を受け付け積極的に治療を行っていることから上位の診断群となっております。
呼吸器内科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
040040xx9910xx 肺の悪性腫瘍、手術:なし、手術・処置等1:あり、手術・処置等2:なし 42 12.07 3.34 0.00% 73.24
040110xxxxx0xx 間質性肺炎、手術・処置等2:なし 32 25.78 19.06 6.25% 65.13
040040xx99040x 肺の悪性腫瘍、手術:なし、手術・処置等1:なし、手術・処置等2:4あり、定義副傷病:なし 26 15.38 10.00 0.00% 66.62
040081xx99x00x 誤嚥性肺炎、手術:なし、手術・処置等2:なし、定義副傷病:なし 11 16.09 20.92 0.00% 83.45
070560xx99x00x 重篤な臓器病変を伴う全身性自己免疫疾患、手術:なし、手術・処置等2:なし、定義副傷病:なし 10 15.90 15.58 0.00% 65.10
 主に肺癌、気管支喘息、慢性閉塞性肺疾患といった疾患の検査、診断、治療を行っています。また間質性肺炎、胸膜疾患など
専門性の高い疾患や比較的稀な呼吸器疾患の検査、診断、治療も行っております。
 肺癌は診断のみならず、手術が不適応な方に対して、薬物治療、放射線治療さらに緩和療法を集学的に組み合わせた治療を
担当しています。
 気管支鏡による診断に関しては、超音波気管支鏡を用いることで検査の精度を上げる工夫をしているほか、
肺癌については、最新の遺伝子診断により、特定の遺伝子異常が認められた場合には分子標的薬を用いることで
肺癌の個別化治療への取り組みも積極的に行っています。
腎臓内科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
110280xx991x0x 慢性腎炎症候群・慢性間質性腎炎・慢性腎不全、手術:なし、手術・処置等1:あり、定義副傷病:なし 13 6.08 7.18 0.00% 41.54
110260xx99x0xx ネフローゼ症候群、手術:なし、手術・処置等2:なし 21.40
070560xx99x00x 重篤な臓器病変を伴う全身性自己免疫疾患、手術:なし、手術・処置等2:なし、定義副傷病:なし 15.58
110280xx99000x 慢性腎炎症候群・慢性間質性腎炎・慢性腎不全、手術:なし、手術・処置等1:なし、手術・処置等2:なし、定義副傷病:なし 12.05
140550xx99x1xx 先天性嚢胞性腎疾患、手術:なし、手術・処置等2:あり 4.80
当科では積極的に腎生検を行い、正確な診断に基づいてステロイド治療などの免疫抑制療法をカンファレンスで議論し治療選択を行っています。腎生検件数は、講座開設から2019年3月30日現在、9,230件になります。これらの蓄積された臨床経験をもとに、末期腎不全(ESRD;end stage renal disease)に至らないための腎炎、ネフローゼ治療を行っています。
リウマチ科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
070560xx99x00x 重篤な臓器病変を伴う全身性自己免疫疾患、手術:なし、手術・処置等2:なし、定義副傷病:なし 13 23.31 15.58 0.00% 50.46
070560xx99x01x 重篤な臓器病変を伴う全身性自己免疫疾患、手術:なし、手術・処置等2:なし、定義副傷病:あり 27.21
070560xx97x00x 重篤な臓器病変を伴う全身性自己免疫疾患、手術:あり、手術・処置等2:なし、定義副傷病:なし 27.07
040110xxxxx0xx 間質性肺炎、手術・処置等2:なし 19.06
0400801397x103 肺炎等(市中肺炎かつ65歳以上75歳未満)、手術:あり、手術・処置等2:あり、定義副傷病:なし、重症度等:A-DROP スコア3 47.77
関節リウマチ、全身性エリテマトーデス、強皮症、皮膚筋炎・多発筋炎、混合性結合組織症、血管炎症候群、シェーグレン症候群など、多彩な症状を呈する難病の早期診断、早期治療に努めております。特に、診断や治療に難渋する症例を県下から引き受け、カンファランスで診断治療を議論し最新最良の治療ができるように努めています。
消化器外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
060035xx01000x 結腸(虫垂を含む。)の悪性腫瘍、手術:結腸切除術 全切除、亜全切除又は悪性腫瘍手術等、手術・処置等1:なし、手術・処置等2:なし、定義副傷病:なし 23 15.22 15.30 0.00% 68.17
060050xx02x00x 肝・肝内胆管の悪性腫瘍(続発性を含む。)、手術:肝切除術 部分切除等、手術・処置等2:なし、定義副傷病:なし 22 16.82 13.92 4.55% 64.36
060160x001xxxx 鼠径ヘルニア(15歳以上)、手術:ヘルニア手術 鼠径ヘルニア等 21 8.76 4.96 0.00% 71.81
060020xx01x0xx 胃の悪性腫瘍、手術:胃全摘術 悪性腫瘍手術等、手術・処置等2:なし 21 21.71 19.73 4.76% 67.24
060050xx97x00x 肝・肝内胆管の悪性腫瘍(続発性を含む。)、手術:その他の手術あり、手術・処置等2:なし、定義副傷病:なし 21 11.19 10.42 0.00% 72.29
当科では、肝胆膵領域の良悪性腫瘍および胃・大腸の良悪性腫瘍に加え、腹部外傷の外科学的治療を行っています。肝胆膵領域では、各専門領域のエキスパートが揃っている大学病院という特性を生かし、他院では手術が困難な進行がん症例や併存疾患があるhigh riskな症例に対する手術も行っており、秋田県全域から患者さんが紹介されています。紹介されてくる患者さんのなかには、下大静脈や門脈、肝動脈、上腸間膜動脈など重要な血管に浸潤していることも少なくなく、根治性を確保するためこれらの血管の合併切除および再建という高難度な手術を行っています。
胃癌・大腸癌に対する手術は、その多くを腹腔鏡下で行っています。腹腔鏡手術は、傷が小さく、手術後の患者さんにかかる負担が少ないため早期退院が可能です。手術中の出血量は開腹手術の1/10程度と少なく、治療成績も開腹手術と比べて遜色はありません。進行がんに対しては、術前治療も積極的に取り入れ、手術後の癌の再発を防ぐよう工夫しています。
食道外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
060010xx99x40x 食道の悪性腫瘍(頸部を含む。)、手術:なし、手術・処置等2:4あり、定義副傷病:なし 80 8.28 9.58 0.00% 64.19
060010xx01x1xx 食道の悪性腫瘍(頸部を含む。)、手術:食道悪性腫瘍手術(消化管再建手術を併施するもの) 頸部、胸部、腹部の操作によるもの等、手術・処置等2:1あり 36 38.89 36.79 2.78% 65.89
060010xx99x31x 食道の悪性腫瘍(頸部を含む。)、手術:なし、手術・処置等2:3あり、定義副傷病:あり 24 45.25 41.00 4.17% 68.54
060010xx99x00x 食道の悪性腫瘍(頸部を含む。)、手術:なし、手術・処置等2:なし、定義副傷病:なし 22 10.23 10.70 0.00% 69.18
060010xx99x30x 食道の悪性腫瘍(頸部を含む。)、手術:なし、手術・処置等2:3あり、定義副傷病:なし 17 8.88 41.00 0.00% 63.59
食道外科では主に食道癌の治療を行なっています。従来の傷の大きい開胸手術から、傷が小さくて骨も筋肉も切らずにすむ胸腔鏡下手術に標準術式が変わってきています。さらに2018年4月から保険収載された手術支援ロボット「ダヴィンチ」を使ったロボット支援胸腔鏡下手術の件数も増えてきています。重症肺炎や縫合不全などの食道癌術後の合併症発生率も格段に低下しており、10年前に比べるととても安全に手術とその後の管理を行えるようになっています。
呼吸器外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
040040xx97x0xx 肺の悪性腫瘍、手術:あり、手術・処置等2:なし 117 15.30 11.87 0.00% 67.18
040040xx9900xx 肺の悪性腫瘍、手術:なし、手術・処置等1:なし、手術・処置等2:なし 16 10.94 14.58 0.00% 66.06
040040xx9908xx 肺の悪性腫瘍、手術:なし、手術・処置等1:なし、手術・処置等2:8あり 16 5.69 10.62 0.00% 64.38
040040xx99040x 肺の悪性腫瘍、手術:なし、手術・処置等1:なし、手術・処置等2:4あり、定義副傷病:なし 13 8.38 10.00 0.00% 64.77
040040xx9910xx 肺の悪性腫瘍、手術:なし、手術・処置等1:あり、手術・処置等2:なし 10 4.70 3.43 0.00% 70.70
呼吸器外科では主に肺癌、縦隔腫瘍、転移性肺腫瘍、気胸などの治療を行なっています。肺癌に対しては、従来の肺様切除だけでなく、肺を残せる方には区域切除などより侵襲の小さい手術に取り組んでいます。また呼吸器外科が中心となって開発した迅速免疫診断装置を用いて術中の迅速病理診断を行うことにより、手術中により正確な病理診断んが可能となり、よりふさわしい術式を術中に判断することが可能になりました。
乳腺内分泌外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
090010xx99x4xx 乳房の悪性腫瘍、手術:なし、手術・処置等2:4あり 59 2.07 4.28 0.00% 51.86
090010xx01x0xx 乳房の悪性腫瘍、手術:乳腺悪性腫瘍手術 乳房部分切除術(腋窩部郭清を伴うもの(内視鏡下によるものを含む。))等、手術・処置等2:なし 33 11.82 10.59 0.00% 62.91
090010xx02x0xx 乳房の悪性腫瘍、手術:乳腺悪性腫瘍手術 乳房部分切除術(腋窩部郭清を伴わないもの)、手術・処置等2:なし 27 7.81 6.23 0.00% 62.07
090010xx97x40x 乳房の悪性腫瘍、手術:その他の手術あり、手術・処置等2:4あり、定義副傷病:なし 14 3.07 6.54 0.00% 53.86
090010xx99x8xx 乳房の悪性腫瘍、手術:なし、手術・処置等2:8あり 13 4.31 5.34 0.00% 56.23
乳腺内分泌外科は主に乳癌、甲状腺癌の治療を行っています。4名の担当医師が全員女性なので女性の患者さんは安心して相談や治療を受けることができます。
心臓血管外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
050080xx01010x 弁膜症(連合弁膜症を含む。)、手術:ロス手術(自己肺動脈弁組織による大動脈基部置換術)等、手術・処置等1:なし、手術・処置等2:1あり、定義副傷病:なし 28 27.57 24.00 14.29% 71.82
050161xx97x10x 解離性大動脈瘤、手術:その他の手術あり、手術・処置等2:1あり、定義副傷病:なし 22 32.23 28.37 36.36% 65.55
050163xx03x10x 非破裂性大動脈瘤、腸骨動脈瘤、手術:ステントグラフト内挿術、手術・処置等2:1あり、定義副傷病:なし 20 23.55 16.06 20.00% 70.95
050161xx01x1xx 解離性大動脈瘤、手術:ステントグラフト内挿術、手術・処置等2:1あり 16 29.25 24.36 0.00% 58.75
050163xx03x0xx 非破裂性大動脈瘤、腸骨動脈瘤、手術:ステントグラフト内挿術、手術・処置等2:なし 11 15.09 12.01 0.00% 75.45
全国傾向と同様に動脈硬化性の心大血管疾患が増加傾向にあります。特に、大動脈弁狭窄症・大動脈瘤(胸部、腹部)・大動脈解離が多くみられます。高齢者の割合が高くなってきており、大動脈瘤については血管内治療(ステントグラフト内挿術)を取り入れて低侵襲化を図っています。また、早期離床と良好なADLを保てるよう術後早期より心臓リハビリテーションプログラムを導入しています。
脳神経外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
010010xx99030x 脳腫瘍、手術:なし、手術・処置等1:なし、手術・処置等2:3あり、定義副傷病:なし 124 9.22 16.98 7.26% 65.99
010010xx01x00x 脳腫瘍、手術:頭蓋内腫瘍摘出術等、手術・処置等2:なし、定義副傷病:なし 39 20.87 21.16 12.82% 59.69
100260xx9700xx 下垂体機能亢進症、手術:あり、手術・処置等1:なし、手術・処置等2:なし 16 18.87 17.16 6.25% 65.25
010030xx01x00x 未破裂脳動脈瘤、手術:脳動脈瘤頸部クリッピング等、手術・処置等2:なし、定義副傷病:なし 15 15.47 15.41 0.00% 63.33
010030xx9910xx 未破裂脳動脈瘤、手術:なし、手術・処置等1:あり、手術・処置等2:なし 14 5.07 3.02 14.29% 64.36
転移性脳腫瘍や再発脳腫瘍、手術がうけられない脳腫瘍には手術以外にも積極的に定位放射線治療を行い、悪性脳腫瘍に対しては集学的治療の一翼として化学療法を行っています。脳腫瘍によるてんかんや食欲不振、緩和ケアについても一時的な入院治療を行います。適応のある脳腫瘍については摘出術を行いますが、下垂体腫瘍もそのひとつです。未破裂動脈瘤では、クリッピング術、血管内治療、両者のハイブリッ ド手術を症例ごとに選択して治療を行っています。脳出血の治療については、保存的療法を行いことが多いですが、生命の危険の回避や機能改善が見込まれる場合は手術も行います。
小児科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
100250xx99100x 下垂体機能低下症、手術:なし、手術・処置等1:あり、手術・処置等2:なし、定義副傷病:なし 24 2.92 3.75 0.00% 6.04
010010xx99000x 脳腫瘍、手術:なし、手術・処置等1:なし、手術・処置等2:なし、定義副傷病:なし 20 2.90 11.45 0.00% 8.15
010230xx99x00x てんかん、手術:なし、手術・処置等2:なし、定義副傷病:なし 18 6.22 7.28 0.00% 3.06
14031xx09910xx 先天性心疾患(動脈管開存症、心房中隔欠損症を除く。)(1歳以上)、手術:なし、手術・処置等1:あり、手術・処置等2:なし 14 3.07 4.24 0.00% 8.07
010100xxxxx00x 脱髄性疾患(その他)、手術・処置等2:なし、定義副傷病:なし 12 2.92 17.33 0.00% 10.38
秋田県の小児医療の基幹として専門化された高度医療を循環器、血液、新生児、総合(神経・内分泌・代謝・腎)の各専門グループに分かれて行っています。各グループとも様々な疾患・症候に対する診断、治療、およびフォローアップに加えて、重篤な症例に対する集約的治療や遺伝子解析を含めた難病診断を積極的に行っています。また入院中のお子さんと保護者に対するサポートの一環として院内学級を開設し、保育士に常在してもらっています。
婦人科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
120060xx02xxxx 子宮の良性腫瘍、手術:腹腔鏡下腟式子宮全摘術等 94 6.07 6.16 0.00% 40.02
12002xxx99x40x 子宮頸・体部の悪性腫瘍、手術:なし、手術・処置等2:4あり、定義副傷病:なし 86 4.95 4.85 0.00% 59.14
120010xx99x40x 卵巣・子宮附属器の悪性腫瘍、手術:なし、手術・処置等2:4あり、定義副傷病:なし 68 2.63 4.79 0.00% 61.68
120010xx99x50x 卵巣・子宮附属器の悪性腫瘍、手術:なし、手術・処置等2:5あり、定義副傷病:なし 54 3.80 4.61 0.00% 63.00
12002xxx01x0xx 子宮頸・体部の悪性腫瘍、手術:子宮悪性腫瘍手術等、手術・処置等2:なし 40 18.73 12.58 0.00% 54.50
県内の婦人科悪性腫瘍の治療は、当院を中枢として地域医療機関と連携し、手術療法を中心とし術前後の化学療法、放射線療法を含め幅広い医療を展開しております。また多岐に渡る合併症にも対応し、個々のQOLの向上を考え、短期入院で集中した医療が提供できるよう努めています。
産科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
120180xx01xxxx 胎児及び胎児付属物の異常、手術:子宮全摘術等 57 10.37 9.70 0.00% 34.44
140010x199x00x 妊娠期間短縮、低出産体重に関連する障害(出生時体重2500g以上)、手術:なし、手術・処置等2:なし、定義副傷病:なし 54 5.15 6.17 0.00% 0.00
120180xx99xxxx 胎児及び胎児付属物の異常、手術:なし 48 8.88 6.52 10.42% 32.38
120260xx99xxxx 分娩の異常、手術:なし 46 6.85 4.88 0.00% 32.52
120170xx99x0xx 早産、切迫早産、手術:なし、手術・処置等2:なし 25 20.36 19.69 8.00% 32.72
地域周産母子医療センターとして、切迫早産・早産・合併症妊娠・胎児異常などの周産期管理を主とした医療を提供しています。
胎児異常については、出生前に小児科・小児外科医と合同カンファレンスを行い、情報交換を密に行うことで最適な状況で分娩・新生児管理ができるよう取り組んでいます。
整形外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
070041xx99x4xx 軟部の悪性腫瘍(脊髄を除く。)、手術:なし、手術・処置等2:4あり 38 2.21 10.39 0.00% 69.05
070230xx01xxxx 膝関節症(変形性を含む。)、手術:人工関節再置換術等 34 32.74 24.26 2.94% 70.29
07040xxx01xxxx 股関節骨頭壊死、股関節症(変形性を含む。)、手術:人工関節再置換術等 32 27.28 22.27 3.13% 62.31
070230xx02xxxx 膝関節症(変形性を含む。)、手術:骨穿孔術等 26 34.62 27.71 11.54% 61.19
070343xx99x1xx 脊柱管狭窄(脊椎症を含む。) 腰部骨盤、不安定椎、手術:なし、手術・処置等2:1あり 23 7.78 2.79 4.35% 67.39
中高齢者で増えつつある腰部脊柱管狭窄症や頚椎症、脊柱変形などの脊椎変性疾患に対する脊椎固定術や椎弓形成術などが多くなっています。また同様に中高齢者の変形性関節症に対する人工股関節置換術が最も多いですが、関節を温存して変形や痛みを改善する下肢の骨切り術が最近増加しています。若年者では,スポーツ外傷に伴う膝の靱帯損傷に対する関 節鏡治療も行っています。また高齢者に多い大腿骨近位部骨折に対する手術や,四肢の難治性外傷に対する創外固定術,骨軟部腫瘍に対する集学的治療も行っています。
皮膚科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
080006xx01x0xx 皮膚の悪性腫瘍(黒色腫以外)、手術:皮膚悪性腫瘍切除術等、手術・処置等2:なし 78 6.27 8.16 0.00% 75.27
080007xx010xxx 皮膚の良性新生物、手術:皮膚、皮下腫瘍摘出術(露出部)等、手術・処置等1:なし 52 4.23 4.05 0.00% 50.69
080140xxxxx2xx 炎症性角化症、手術・処置等2:2あり 21 2.57 2.86 0.00% 52.48
080006xx97x0xx 皮膚の悪性腫瘍(黒色腫以外)、手術:その他の手術あり、手術・処置等2:なし 21 5.24 10.44 0.00% 73.67
080010xxxx0xxx 膿皮症、手術・処置等1:なし 20 9.70 12.51 0.00% 54.70
当科では、腫瘍性疾患、炎症性疾患、アレルギー・自己免疫性疾患、熱傷など皮膚科領域全般にわたる患者さんの診療にあたっていま す。入院患者さんの内訳は、基底細胞癌、有棘細胞癌、悪性黒色腫などの皮膚悪性腫瘍や、脂肪腫などの良性腫瘍の手 術目的に入院される患者さんが多いです。術後の合併症の出現に注意しながら、可能な限り短い入院期間を目指しております。
また、自己免疫性疾患である天疱瘡・類天疱瘡の方は慎重に薬物量を調整するため、入院が長くなることがあります。
泌尿器科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
110080xx991x0x 前立腺の悪性腫瘍、手術:なし、手術・処置等1:あり、定義副傷病:なし 95 2.78 2.53 1.05% 69.31
110070xx02020x 膀胱腫瘍、手術:膀胱悪性腫瘍手術 経尿道的手術、手術・処置等1:なし、手術・処置等2:2あり、定義副傷病:なし 70 4.90 7.40 0.00% 71.16
11001xxx01x0xx 腎腫瘍、手術:腎(尿管)悪性腫瘍手術等、手術・処置等2:なし 58 12.83 11.50 0.00% 64.24
110080xx01xxxx 前立腺の悪性腫瘍、手術:前立腺悪性腫瘍手術等 58 11.97 12.63 0.00% 66.07
110080xx03xxxx 前立腺の悪性腫瘍、手術:経皮的放射線治療用金属マーカー留置術 43 3.19 3.03 0.00% 71.47
泌尿器の悪性、良性疾患、腎移植、透析など幅広い分野の治療を行っています。前立腺癌においては、ロボット支援下腹腔鏡下前立腺全摘除術の継続と同時に、放射線治療の増加に伴い、強度変調放射線治療における前立腺内への金属マーカー留置や、小線源療法における線源留置を行う症例が増加しています。膀胱癌においては表在癌に対する経尿道的腫瘍切除術に加え、浸潤癌に対するロボット支援下腹腔鏡下膀胱全摘除術を取り入れ、増加傾向です。腎癌に対してもロボット支援下腹腔鏡下腎部分切除術や腹腔鏡下腎摘除術などの低侵襲手術を数多く行っています。泌尿器悪性腫瘍に対する薬物療法も積極的に行っています。
眼科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
020110xx97xxx0 白内障、水晶体の疾患、手術:あり、重症度等:片眼 267 3.74 2.84 0.00% 73.10
020160xx97xxx0 網膜剥離、手術:あり、重症度等:片眼 203 10.26 9.75 0.00% 58.81
020220xx97xxx0 緑内障、手術:あり、重症度等:片眼 123 11.52 8.00 0.00% 67.24
020180xx97x0x0 糖尿病性増殖性網膜症、手術:あり、手術・処置等2:なし、重症度等:片眼 84 10.29 7.52 0.00% 51.64
020200xx9710xx 黄斑、後極変性、手術:あり、手術・処置等1:あり、手術・処置等2:なし 81 7.10 7.05 0.00% 66.86
・当科では、失明に直結する網膜硝子体疾患と緑内障の患者さんの治療を専門的に行なっております。
・これら難治性疾患の患者さんは、県内や北東北各地の病院から紹介されます。
・網膜硝子体疾患や緑内障の手術は最新の低侵襲手術を導入して、できるだけ在院日数の短縮に勤めております。
・当院で行う白内障手術は難治性のものが多く、概ね2~3泊の短期入院で行っております。
耳鼻咽喉科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
030440xx01xxxx 慢性化膿性中耳炎・中耳真珠腫、手術:鼓室形成手術 47 11.81 8.29 0.00% 42.96
030150xx97xxxx 耳・鼻・口腔・咽頭・大唾液腺の腫瘍、手術:あり 39 10.05 7.37 0.00% 61.92
03001xxx01000x 頭頸部悪性腫瘍、手術:頸部悪性腫瘍手術等、手術・処置等1:なし、手術・処置等2:なし、定義副傷病:なし 35 14.91 13.57 0.00% 68.09
030350xxxxxxxx 慢性副鼻腔炎 29 8.31 7.04 0.00% 54.72
03001xxx99x3xx 頭頸部悪性腫瘍、手術:なし、手術・処置等2:3あり 22 70.18 36.03 13.64% 64.18
悪性腫瘍やその他専門性の高い中耳疾患や重症の鼻腔副鼻腔疾患に対する治療を引き受け、県の中核病院として県内全域から紹介される患者様の治療にあたっています。その他様々な耳鼻咽喉科疾患の治療に対応しています。
放射線科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
100020xx99x2xx 甲状腺の悪性腫瘍、手術:なし、手術・処置等2:2あり 46 3.11 6.51 0.00% 59.20
060010xx99x30x 食道の悪性腫瘍(頸部を含む。)、手術:なし、手術・処置等2:3あり、定義副傷病:なし 16 21.75 18.67 6.25% 69.69
060010xx99x40x 食道の悪性腫瘍(頸部を含む。)、手術:なし、手術・処置等2:4あり、定義副傷病:なし 14 7.21 9.58 0.00% 71.21
060010xx99x31x 食道の悪性腫瘍(頸部を含む。)、手術:なし、手術・処置等2:3あり、定義副傷病:あり 41.00
060010xx99x2xx 食道の悪性腫瘍(頸部を含む。)、手術:なし、手術・処置等2:2あり 31.20
①甲状腺がんに対するアイソトープ内用療法を施行しています。甲状腺がんの手術の病理検査結果や、全身の微小な転移巣にたいしてラジオアイソトープの131-ヨードを内服して病巣に取り込ませて治療するものです。秋田県では当院のみで行っています。
②食道癌にたいして集学的な治療をおこなっています。進行がんの患者さんから早期がんの患者さんまで食道外科、消化器内科、腫瘍内科と連携して最適な治療を考えています。高精度の画像誘導放射線治療装置を使用して最適な放射線線量分布が得られるように日々工夫しています。
糖尿病内分泌内科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
100070xx99x100 2型糖尿病(糖尿病性ケトアシドーシスを除く。)(末梢循環不全なし。)、手術:なし、手術・処置等2:1あり、定義副傷病:なし、重症度等:85歳未満 57 16.72 13.90 0.00% 62.49
100070xx99x000 2型糖尿病(糖尿病性ケトアシドーシスを除く。)(末梢循環不全なし。)、手術:なし、手術・処置等2:なし、定義副傷病:なし、重症度等:85歳未満 24 15.25 11.05 0.00% 56.38
100071xx99x100 2型糖尿病(糖尿病性ケトアシドーシスを除く。)(末梢循環不全あり。)、手術:なし、手術・処置等2:1あり、定義副傷病:なし、重症度等:85歳未満 20 19.30 14.27 0.00% 60.90
100060xx99x100 1型糖尿病(糖尿病性ケトアシドーシスを除く。)(末梢循環不全なし。)、手術:なし、手術・処置等2:1あり、定義副傷病:なし、重症度等:85歳未満 14 16.64 13.16 0.00% 48.79
100180xx991xxx 副腎皮質機能亢進症、非機能性副腎皮質腫瘍、手術:なし、手術・処置等1:あり 13 3.08 4.02 0.00% 53.08
当科では、糖尿病、内分泌疾患を中心に診療を行っています。糖尿病では、2週間の教育入院プログラムがあり、医師、看護師、栄養士、薬剤師がチームとして教育にあたっています。また、血糖値が悪化された方の血糖値のコントロール入院や糖尿病 腎症をはじめとした糖尿病合併症のコントロール入院なども行っております。内分泌疾患で入院される患者さんは、主に原発性アルドステロン症による副腎静脈サンプリングの目的のために入院される方が中心となっています。原発性アルドステロン症とは、 アルドステロンという血圧をあげるホルモンが副腎から出すぎてしまい、高血圧を引き起こす病気ですが、副腎静脈サンプリングにより、右と左の副腎のどちらが原因なのかを確認することができます。この副腎静脈サンプリングは当院放射線科と連携して行っております。また、副腎皮質ホルモンが出すぎて様々な症状をきたすクッシング症候群の検査、内科的治療なども行っています
血液内科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
130030xx97x40x 非ホジキンリンパ腫、手術:あり、手術・処置等2:4あり、定義副傷病:なし 17 53.06 32.36 17.65% 57.06
130010xx97x2xx 急性白血病、手術:あり、手術・処置等2:2あり 14 50.14 40.13 0.00% 59.29
130030xx99x40x 非ホジキンリンパ腫、手術:なし、手術・処置等2:4あり、定義副傷病:なし 10 22.80 16.17 10.00% 60.90
130040xx99x5xx 多発性骨髄腫、免疫系悪性新生物、手術:なし、手術・処置等2:5あり 23.43
130010xx97x0xx 急性白血病、手術:あり、手術・処置等2:なし 16.04
血球数の異常(貧血・多血、白血球増多・減少、血小板増多・減少)から骨髄検査などの精査を行い、白血病、悪性リンパ腫、多発性骨髄腫、骨髄異形成症候群といった血液悪性疾患の診断を迅速に行い、病態にあった治療、造血幹細胞移植を行っています。造血幹細胞移植は当科で導入した1983年より現在まで計597件施行されております(2018年12月現在 同種移植408件(臍帯血移植71件とHLA半合致移植23件を含む) 自家移植 189件)。
腫瘍内科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
060020xx99x30x 胃の悪性腫瘍、手術:なし、手術・処置等2:3あり、定義副傷病:なし 20 6.95 6.70 0.00% 71.70
06007xxx97x6xx 膵臓、脾臓の腫瘍、手術:その他の手術あり、手術・処置等2:6あり 15 11.47 17.46 0.00% 65.47
070041xx99x3xx 軟部の悪性腫瘍(脊髄を除く。)、手術:なし、手術・処置等2:3あり 10 5.40 10.53 0.00% 29.30
06007xxx99040x 膵臓、脾臓の腫瘍、手術:なし、手術・処置等1:なし、手術・処置等2:4あり、定義副傷病:なし 9.90
180050xx99xxxx その他の悪性腫瘍、手術:なし 14.67
胃癌は2016年の死亡数統計で、男性2位、女性4位、総合3位と頻度の高い癌腫であり、東北地方を中心に罹患率が高い傾向があります。特に秋田県・青森県は年齢調整死亡率が高い事で知られています。胃癌の標準治療としては、入院を必要とする治療方法もあるため、他癌腫に比較すると入院治療を要する機会が多い傾向があります。
 膵臓癌は予後不良な疾患であり、さまざまな症状を有するケースが多いため、化学療法のみではない総合的な介入を要する事が多いため、入院期間が延長する傾向があります。
 肉腫の分類は多岐にわたり、一般病院で対応が困難な症例がおおく、大学病院へ紹介されています。最近は若年者の肉腫が数名認められたため、平均年齢が低下しています
小児外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
060160x101xxxx 鼠径ヘルニア(15歳未満)、手術:ヘルニア手術 鼠径ヘルニア等 35 3.51 2.82 0.00% 2.49
140590xx97xxxx 停留精巣、手術:あり 10 3.00 3.14 0.00% 1.30
060340xx99x00x 胆管(肝内外)結石、胆管炎、手術:なし、手術・処置等2:なし、定義副傷病:なし 9.81
060380xxxxx0xx ウイルス性腸炎、手術・処置等2:なし 5.42
060170xx02xxxx 閉塞、壊疽のない腹腔のヘルニア、手術:ヘルニア手術 腹壁瘢痕ヘルニア等 8.26
当診療科は秋田県で唯一の小児外科学会認定施設であり、低出生体重児を含む新生児から15歳未満の外科疾患の診 療を主におこなっています。対象疾患は新生児外科疾患(食道閉鎖症、壊死性腸炎、腸回転異常症、ヒルシュスプルング病 など)、小児固形悪性腫瘍、胆道疾患、呼吸器疾患(先天性嚢胞状腺腫様奇形、漏斗胸)、日常疾患(虫垂炎、ソケ イヘルニア、臍ヘルニア、乳児肥厚性幽門狭窄症)など多岐にわたっています。また、重症心身障害児に対する外科治療にも 積極的に取り組んでおります。
初発の5大癌のUICC病期分類別並びに再発患者数ファイルをダウンロード
初発 再発 病期分類
基準(※)
版数
Stage I Stage II Stage III Stage IV 不明
胃癌 78 14 13 69 41 43 1 7.8
大腸癌 18 12 13 27 28 13 1 7.8
乳癌 58 35 27 51 13 0 1 7.8
肺癌 100 27 40 79 104 14 1 7.8
肝癌 5 20 18 8 112 9 1 7.8
※ 1:UICC TNM分類,2:癌取扱い規約
胃癌については、内視鏡治療可能なステージでは、消化器内科にて内視鏡治療がなされている。それ以降は手術療法が必要
となり、原発巣部位に応じて消化器外科ならびに食道外科が担っている。手術不能もしくは再発に対する抗がん剤治療は消
化器外科もしくは腫瘍内科にて行われている。
大腸癌については、early stageは消化器内科。切除可能進行癌は消化器外科、切除不能進行再発大腸癌は消化器外
科ならびに腫瘍内科で治療が行われている。
乳癌は、化学療法・手術療法共に乳腺内分泌外科にて行われている。
肺癌については、呼吸器内科ならびに呼吸器外科で手術療法もしくは薬物療法が施行されている。
肝癌については、手術療法を消化器外科、RFAや薬物療法は消化器内科、TACE等の血管内治療は放射線科にて施行さ
れている。
成人市中肺炎の重症度別患者数等ファイルをダウンロード
患者数 平均
在院日数
平均年齢
軽症 11 11.55 59.18
中等症 50 17.50 70.16
重症 6 19.17 70.83
超重症 4 17.25 73.50
不明
市中肺炎とは、医療施設または医療環境との接触が限られているか皆無の人に発症した肺炎のことです。
呼吸不全や意識障害などを認め、病院での治療が必要と判断された方を入院で対処しています。
高齢であったり、基礎疾患を有している方ほど発症率も高く、重症度も高くなる傾向があります。
脳梗塞の患者数等ファイルをダウンロード
発症日から 患者数 平均在院日数 平均年齢 転院率
3日以内 50 20.62 74.86 46.00%
その他 2 5.50 39.50 0.00%
脳卒中急性期の入院治療・二次予防の外来を行っています。脳外科や循環器内科やリハビリテーション科との連携し、精密な診断の基、最適な治療を提供しています。 脳梗塞の治療としては血栓溶解療法、血管内カテーテル治療(血栓除去、血管形成・ステント)をはじめ、薬物療法を行いつつ、 頸動脈内膜剥離術・血行再建術を行っています。包括的診療を行いつつ、予防医学・啓蒙活動にも力を入れています。関連病院やリハビリテーション施設と協力しつつ、早期リハビリ・社会復帰をめざした計画的な治療を行っています。
診療科別主要手術別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)ファイルをダウンロード
消化器内科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K7211 内視鏡的大腸ポリープ・粘膜切除術 長径2センチメートル未満 128 1.38 2.50 0.00% 69.77
K6532 内視鏡的胃、十二指腸ポリープ・粘膜切除術 早期悪性腫瘍粘膜下層剥離術 105 2.36 9.19 0.00% 73.10
K688 内視鏡的胆道ステント留置術 83 3.31 8.81 6.02% 73.49
K526-22 内視鏡的食道粘膜切除術 早期悪性腫瘍粘膜下層剥離術 72 1.85 9.19 0.00% 69.74
K6152 血管塞栓術(頭部、胸腔、腹腔内血管等)(選択的動脈化学塞栓術) 57 4.12 8.00 3.51% 71.75
大腸ポリープに対する内視鏡的粘膜切除術(EMR)は主にパスによって運用されており、近医からの紹介も多く豊富な症例数があります。また早期の食道癌、胃癌に対して積極的に内視鏡的粘膜下層切開剥離術(ESD)を行っており、他院での治療困難例も頻回に紹介されております。近年では十二指腸腫瘍の紹介も多く、ESDやEMRの件数も蓄積されてきています。閉塞性黄疸を来した胆管癌や膵癌、肝内胆管癌などに対し内視鏡的胆道ステント留置術(ERBD)を行い、低侵襲な胆道ドレナージを心がけています。またその病態に応じて緊急性が高いと判断した場合は、夜間、休日等でも迅速に処置できるような体制にしております。肝癌の治療では経皮的ラジオ波焼灼療法(RFA)に加え症例によっては肝動脈化学塞栓療法(TACE)を選択することにより良好な治療成績を上げております。
循環器内科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K5493 経皮的冠動脈ステント留置術 その他のもの 74 4.50 6.09 5.41% 74.00
K616 四肢の血管拡張術・血栓除去術 29 3.55 7.31 13.79% 73.55
K5491 経皮的冠動脈ステント留置術 急性心筋梗塞に対するもの 28 0.04 17.36 17.86% 69.43
K5463 経皮的冠動脈形成術(その他) 26 5.42 6.00 0.00% 69.46
K5991 植込型除細動器移植術 経静脈リードを用いるもの 25 9.04 17.16 16.00% 64.76
急性心筋梗塞や、狭心症に対する冠動脈形成術においてバルーンやステント留置による血行再建を積極的に行っている。さらに、下肢、上肢の動脈硬化などによる狭窄・閉塞に対しても冠動脈と同様にカテーテルによる血管拡張術などを行い良好な成績を得ている。
また、頻脈性不整脈に対しては、自動で不整脈検出・治療を行う機能をもった植込型除細動器の植込みを施行し、致死的不整脈の治療を行っている。
血液内科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K9212ロ 造血幹細胞採取(末梢血幹細胞採取)(自家移植) 17 34.47 14.12 11.76% 52.88
K9222ロ 造血幹細胞移植(末梢血幹細胞移植)(自家移植) 11 12.27 32.55 0.00% 54.45
K9222イ 造血幹細胞移植(末梢血幹細胞移植)(同種移植)
K6112 抗悪性腫瘍剤静脈内持続注入用植込型カテーテル設置(四肢)
K9223 造血幹細胞移植(臍帯血移植)
白血病、悪性リンパ腫、多発性骨髄腫、骨髄異形成症候群といった血液悪性疾患から血球数の異常(貧血・多血、白血球増多・減少、血小板増多・減少)への対応、そして難治性血液疾患に対する造血幹細胞移植を行っています。造血幹細胞移植は当科で導入した1983年より現在まで計597件施行されております(2018年12月現在 同種移植408件(臍帯血移植71件とHLA半合致移植23件を含む) 自家移植 189件)。
消化器外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K6335 ヘルニア手術 鼠径ヘルニア 20 3.30 4.65 0.00% 71.65
K6152 血管塞栓術(頭部、胸腔、腹腔内血管等)(選択的動脈化学塞栓術) 19 2.11 8.63 0.00% 73.11
K655-22 腹腔鏡下胃切除術(悪性腫瘍手術) 17 2.88 11.76 0.00% 64.76
K719-3 腹腔鏡下結腸悪性腫瘍切除術 16 4.50 11.00 0.00% 67.56
K6951 肝切除術(部分切除) 16 2.69 14.19 0.00% 64.06
腹腔鏡手術が上位を占めています。腹腔鏡手術は、傷が小さく、手術後の患者さんにかかる負担が少ないため早期に退院できています。
食道外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K529-21 胸腔鏡下食道悪性腫瘍手術(頸部、胸部、腹部の操作) 24 6.04 35.88 4.17% 65.33
K5291 食道悪性腫瘍手術(消化管再建手術を併施するもの) 頸部、胸部、腹部の操作によるもの 10 6.90 37.20 0.00% 66.50
K664 胃瘻造設術(経皮的内視鏡下胃瘻造設術、腹腔鏡下胃瘻造設術を含む)
K725 腸瘻造設術
K654 内視鏡的消化管止血術
食道外科では主に食道癌の治療を行なっています。従来の傷の大きい開胸手術から、傷が小さくて骨も筋肉も切らずにすむ胸 腔鏡下手術に標準術式が変わってきています。さらに2018年4月から保険収載された手術支援ロボット「ダヴィンチ」を使ったロ ボット支援胸腔鏡下手術の件数も増えてきています。重症肺炎や縫合不全などの食道癌術後の合併症発生率も格段に低下 しており、10年前に比べるととても安全に手術とその後の管理を行えるようになっています。
呼吸器外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K514-23 胸腔鏡下肺悪性腫瘍手術 肺葉切除又は1肺葉を超えるもの 53 5.81 12.55 0.00% 69.00
K514-21 胸腔鏡下肺悪性腫瘍手術 部分切除 30 4.57 9.57 0.00% 62.53
K514-22 胸腔鏡下肺悪性腫瘍手術 区域切除 19 5.26 10.26 0.00% 68.95
K5143 肺悪性腫瘍手術 肺葉切除又は1肺葉を超えるもの 12 5.92 15.17 0.00% 68.75
K5132 胸腔鏡下肺切除術(その他)
呼吸器外科では主に肺癌、縦隔腫瘍、転移性肺腫瘍、気胸などの治療を行なっています。肺癌に対しては、従来の肺様切 除だけでなく、肺を残せる方には区域切除などより侵襲の小さい手術に取り組んでいます。また呼吸器外科が中心となって開発 した迅速免疫診断装置を用いて術中の迅速病理診断を行うことにより、手術中により正確な病理診断んが可能となり、よりふ さわしい術式を手術中に判断することが可能になりました。
乳腺・内分泌外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K4762 乳腺悪性腫瘍手術 乳房部分切除術(腋窩部郭清を伴わないもの) 29 1.14 6.79 0.00% 62.21
K6112 抗悪性腫瘍剤静脈内持続注入用植込型カテーテル設置(四肢) 18 0.67 3.67 0.00% 54.89
K4765 乳腺悪性腫瘍手術 乳房切除術(腋窩鎖骨下部郭清を伴うもの)・胸筋切除を併施しないもの 15 1.40 11.20 0.00% 63.20
K4763 乳腺悪性腫瘍手術 乳房切除術(腋窩部郭清を伴わないもの) 13 1.15 10.15 0.00% 63.08
K4641 副甲状腺(上皮小体)腺腫過形成手術 副甲状腺(上皮小体)摘出術
乳腺内分泌外科は主に乳癌、甲状腺癌の治療を行っています。4名の担当医師が全員女性なので女性の患者さんは安心し て診察や治療を受けることができます。
小児外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K6335 ヘルニア手術 鼠径ヘルニア 36 1.44 2.06 0.00% 2.53
K836 停留精巣固定術
K664 胃瘻造設術(経皮的内視鏡下胃瘻造設術、腹腔鏡下胃瘻造設術を含む)
K7512 鎖肛手術 会陰式
K5113 肺切除術(肺葉切除)
当診療科は秋田県で唯一の小児外科学会認定施設であり、低出生体重児を含む新生児から15歳未満の多岐にわたる外 科疾患の診療をおこなっています。日常疾患(ソケイヘルニア、停留精巣、虫垂炎、乳児肥厚性幽門狭窄症、臍ヘルニア、) の手術は数多く行っています。新生児疾患(鎖肛、食道閉鎖症、腸閉鎖症、横隔膜ヘルニア、腹壁異常など)や、小児呼吸器疾患の手術、また、重症心身障害児に対する外科治療にも積極的に取り組んでおります。
心臓血管外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K560-22ニ オープン型ステントグラフト内挿術 上行大動脈及び弓部大動脈の同時手術 その他のもの 34 3.06 38.18 50.00% 65.56
K5612イ ステントグラフト内挿術 1以外の場合 胸部大動脈 34 10.06 18.47 11.76% 66.03
K5551 弁置換術(1弁) 26 10.42 22.65 15.38% 74.58
K5612ロ ステントグラフト内挿術 1以外の場合 腹部大動脈 21 7.24 15.67 19.05% 76.95
K5606 大動脈瘤切除術(吻合又は移植を含む。) 腹部大動脈(分枝血管の再建を伴うもの)
高齢者が多い大動脈瘤に対しては、血管内治療(ステントグラフト内挿術)の導入によって手術の低侵襲化と入院期間の短縮を図っています。また、スタンフォードA型急性大動脈解離については、オープン型ステントグラフトを用いた独自の上行・弓部修復術式を採用しています。本術式によって、従来の手術法よりも安全に行うことが可能となり良好な成績が得られています。オープン型ステントグラフトを取り入れた手術は、全国的にも屈指の症例数です。スタンフォードB型大動脈解離については、急性期および遠隔期の成績向上を目指してステントグラフト内挿術を積極的に行っています。
弁膜疾患については、高齢化に伴って大動脈弁狭窄症が増加傾向にあり弁置換術が多くなっています。
脳神経外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K1692 頭蓋内腫瘍摘出術 その他のもの 65 6.89 27.77 18.46% 60.63
K1771 脳動脈瘤頸部クリッピング 1箇所 23 5.35 24.61 21.74% 63.65
K171 経鼻的下垂体腫瘍摘出術 15 6.00 12.93 6.67% 64.67
K164-2 慢性硬膜下血腫穿孔洗浄術 14 2.29 6.86 35.71% 68.86
K154-3 定位脳腫瘍生検術 11 5.82 59.64 18.18% 66.36
脳腫瘍、脳血管障害、脊髄脊椎疾患の診断と外科治療、定位放射線治療、頭部外傷を中心に診療を行っています。全県から患者を受け入れ、幅広い分野での適切な医療サービスを提供するために、各専門・担当に分かれて、専門性の高い治療を行っています。特に脳腫瘍は県内唯一の高度・専門治療の可能な施設として、割合が高くなっています。
婦人科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K8882 子宮附属器腫瘍摘出術(両側) 腹腔鏡によるもの 55 1.69 4.75 0.00% 36.75
K877-2 腹腔鏡下腟式子宮全摘術 50 1.66 4.68 0.00% 45.60
K879 子宮悪性腫瘍手術 44 4.18 15.14 0.00% 54.41
K872-2 腹腔鏡下子宮筋腫摘出(核出)術 44 1.70 4.59 0.00% 37.23
K877 子宮全摘術 28 3.18 10.36 0.00% 52.82
良性婦人科腫瘍の手術は主に腹腔鏡下で行う方針としています。術後は3〜5日で退院となり、短期間入院、早期の社会復帰を目指しています。ダビンチ支援手術も導入し、患者様にあった術式の提案を心がけ、幅広い医療を展開しています。
産科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K8982 帝王切開術 選択帝王切開 70 9.73 7.73 0.00% 34.20
K893 吸引娩出術 42 4.17 5.67 0.00% 33.69
K8981 帝王切開術 緊急帝王切開 37 11.46 7.70 0.00% 34.46
K897 頸管裂創縫合術(分娩時) 12 7.42 5.92 0.00% 29.42
K9062 子宮頸管縫縮術(シロッカー法)
当院の総分娩数は年間約350件であり、合併症妊娠や胎児異常の管理を主にしているため帝王切開率はやや高く30%となっております。帝王切開術後の在院日数は平均7日となっており、経腟分娩後の在院日数は平均5日となっています。
整形外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K0821 人工関節置換術 肩、股、膝 69 5.28 28.33 5.80% 65.77
K1426 脊椎固定術、椎弓切除術、椎弓形成術(椎弓形成) 41 6.17 18.24 21.95% 65.95
K1422 脊椎固定術、椎弓切除術、椎弓形成術(多椎間又は多椎弓の場合を含む。) 後方又は後側方固定 24 5.96 25.67 70.83% 70.17
K066-21 関節鏡下関節滑膜切除術 肩、股、膝 19 1.16 6.95 5.26% 58.58
K0542 骨切り術 前腕、下腿 17 1.00 29.65 17.65% 62.06
中高齢者で増えつつある腰部脊柱管狭窄症や頚椎症、脊柱変形などの脊椎変性疾患に対する脊椎固定術や椎弓形成術などが多くなっています。また同様に中高齢者の変形性関節症に対する人工股関節置換術が最も多いですが、関節を温存して変形や痛みを改善する下肢の骨切り術が最近増加しています。若年者では,スポーツ外傷に伴う膝の靱帯損傷に対する関 節鏡治療も行っています。また高齢者に多い大腿骨近位部骨折に対する手術や,四肢の難治性外傷に対する創外固定術,骨軟部腫瘍に対する集学的治療も行っています。
皮膚科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K0072 皮膚悪性腫瘍切除術(単純切除) 96 1.44 6.21 0.00% 76.34
K0051 皮膚、皮下腫瘍摘出術(露出部)(長径2cm未満) 16 0.13 2.19 6.25% 47.69
K0052 皮膚、皮下腫瘍摘出術(露出部) 長径2センチメートル以上4センチメートル未満 15 0.60 3.60 0.00% 51.40
K0053 皮膚、皮下腫瘍摘出術(露出部)(長径4cm以上) 13 0.85 6.85 0.00% 59.54
K0063 皮膚、皮下腫瘍摘出術(露出部以外)(長径6cm以上12cm未満) 12 1.33 4.42 0.00% 45.67
当科では、基底細胞癌、有棘細胞癌、悪性黒色腫などの皮膚悪性腫瘍や、脂肪腫などの良性腫瘍の手 術目的に入院される患者さんが多いです。手術の1-2日前に入院していただくことが多いです。術後早期に退院できることを目指して診療指定㎡菅、皮膚悪性腫瘍や、良性腫瘍でも大きいものは腫瘍切除後、欠損した創を皮膚移植や皮弁作成術といった方法で再建しているので、術後の入院日数が少し長くなる傾向があります。
泌尿器科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K8036イ 膀胱悪性腫瘍手術 経尿道的手術 電解質溶液利用のもの 109 1.44 3.85 0.00% 71.42
K843-4 腹腔鏡下前立腺悪性腫瘍手術(内視鏡手術用支援機器を用いるもの) 58 2.31 9.66 0.00% 66.07
K007-2 経皮的放射線治療用金属マーカー留置術 43 1.14 2.05 0.00% 71.47
K610-3 内シャント又は外シャント設置術 43 6.44 8.84 2.33% 64.67
K773-2 腹腔鏡下腎(尿管)悪性腫瘍手術 36 3.39 9.25 0.00% 67.78
泌尿器全般における悪性、良性疾患の他、腎不全に対する治療、手術も積極的に行っています。膀胱癌に対する経尿道的手術が最も多く、低侵襲手術として前立腺癌、腎癌、膀胱癌に対するロボット支援下腹腔鏡下手術(ダヴィンチ手術)が増加傾向です。前立腺癌に対しては手術以外の根治治療(放射線外照射療法や小線源療法)も行っており、強度変調放射線外照射療法(IMRT)に対する金属マーカー留置術も増加しています。
眼科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K2801 硝子体茎顕微鏡下離断術 網膜付着組織を含むもの 273 1.53 8.27 0.00% 64.48
K2821ロ 水晶体再建術 眼内レンズを挿入する場合 その他のもの 241 1.19 2.37 0.00% 72.38
K281 増殖性硝子体網膜症手術 99 2.51 9.18 0.00% 51.49
K2682 緑内障手術 流出路再建術 83 1.64 8.99 1.20% 68.52
K275 網膜復位術 41 2.00 5.22 0.00% 43.56
・秋田県内で手術を行う施設が少ないため、網膜硝子体疾患や緑内障の手術は当院に集中します。緊急入院・緊急手術が多いのが特徴です。
・当院で行う白内障手術の件数も多いのですが、いずれも県内の各病院から紹介される難治性のものが多く、概ね2~3泊の短期入院で行っております。
・網膜硝子体疾患や緑内障の手術は最新の低侵襲手術を導入して、できるだけ患者さんの負担軽減に勤めております。
耳鼻咽喉科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K3192 鼓室形成手術 耳小骨再建術 40 1.73 10.25 0.00% 42.08
K3772 口蓋扁桃手術 摘出 21 1.19 9.10 0.00% 33.76
K340-6 内視鏡下鼻・副鼻腔手術IV型(汎副鼻腔手術) 18 2.39 7.67 0.00% 59.39
K340-5 内視鏡下鼻・副鼻腔手術III型(選択的(複数洞)副鼻腔手術) 18 3.06 6.39 0.00% 53.78
K374 咽頭悪性腫瘍手術(軟口蓋悪性腫瘍手術を含む。) 17 3.94 13.12 0.00% 68.88
真珠腫性中耳炎や慢性中耳炎に対して鼓室形成術が施行されます。高度難聴に対して人工内耳植え込み術を施行しています。副鼻腔炎や副鼻腔腫瘍に対して内視鏡下鼻副鼻腔手術が施行されます。慢性扁桃炎に対する口蓋扁桃摘出術は小児と成人どちらにも施行され、中にはIgA腎症の病巣感染抑制目的の手術も含まれます。悪性腫瘍に対して以前は遊離皮弁 を用いた頭頚部再建手術が大きな比重を占めていましたが、近年の新たな知見、内視鏡や手術器具の進歩により生活の質 (QOL)を維持する低侵襲手術の数が増えてきており入院期間の短縮が見られます。
悪性腫瘍に関しては術後放射線療法や、放射線化学療法の患者様を多く受け入れているため、在院日数がやや長くなっています。
腫瘍内科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K6112 抗悪性腫瘍剤静脈内持続注入用植込型カテーテル設置(四肢) 30 3.27 16.83 0.00% 58.57
K635 胸水・腹水濾過濃縮再静注法 11 2.91 5.82 0.00% 63.27
K6181 中心静脈注射用植込型カテーテル設置(四肢) 10 10.50 12.90 40.00% 67.10
K688 内視鏡的胆道ステント留置術
K682-2 経皮的胆管ドレナージ術
埋込型カテーテルの設置は、長時間持続静注の治療方法や、血管や周囲組織への刺激が強い抗癌剤を用いる場合に必要となります。それ以外にも末梢静脈確保困難症例においても、必要となるケースがあります。また、緩和的な介入の際の静脈路確保目的にも埋込型カテーテルを留置するケースがあり、それぞれ適応を吟味して留置を施行しています。
 中心静脈カテーテルは挿入時の合併症回避が重要であり、当科としては超音波ガイド下で挿入する事を原則としています。また留置場所については、上腕内側を原則としています。当科スタッフの大半が指導的立場となれる程度に手技を修得しており、日本医学シミュレーション学会認定のインストラクターの資格を持つスタッフも在籍しています。
 胸水・腹水濾過濃縮再静注法は、主に当科では癌性腹水を対象に行っています。癌性腹水はアルブミン・グロブリンといった重要な成分の腹水へ漏出します。腹部膨満を緩和するために腹水を単純に抜去・破棄してしまうと、重要な成分を体外に排泄することとなります。腹水中の癌細胞成分を濾過し、余分な水分を濃縮することで上記の重要成分を血管内へ再静注することが可能ですが、体内の水分バランスを崩す可能性もあり、適応についてはスタッフで協議して施行しています。
その他(DIC、敗血症、その他の真菌症および手術・術後の合併症の発生率)ファイルをダウンロード
DPC 傷病名 入院契機 症例数 発生率
130100 播種性血管内凝固症候群 同一 3 0.03%
異なる 6 0.06%
180010 敗血症 同一 11 0.11%
異なる 5 0.05%
180035 その他の真菌感染症 同一 0 0.00%
異なる 2 0.02%
180040 手術・処置等の合併症 同一 19 0.19%
異なる 1 0.01%
播種性血管内凝固に関しては、当該科と血液内科が、敗血症や真菌感染症については当該科とICT(infection control team)が協力して治療に当たっております。
更新履歴
2019.10.1
平成30年度 秋田大学医学部附属 病院指標を公表しました。

このページの先頭へ